キッチンの歴史



時は1850年代に遡ります。
この時代にキッチンでの作業の高さの重要性が認識されました。



1922年には最適化されたプランにより、作業動線を最短にすることの重要性が認識され
ました。


アメリカのクリスチン・フレデリック氏による作業動線の研究



1926年にはドイツのフランクフルトキッチンが開発されました。

  
マーガレット氏の考案

・前衛的な家の計画
・キッチンでの作業の短縮
・10,000 世帯に導入

第2次世界大戦後、このキッチンはヨーロッパやアメリカで標準となりました。

・最適化されたキッチン作業の流れにより短い距離(動線)
・より小さく、十分な収納量を確保


1927年に収納スペース設計、収納スペース計画(収納アイデア)が考案されました。



アドルフ氏による一般家庭におけるキッチンの収納品目



1950年代のアメリカ、コーネル大学にて研究されたワークトライアングル

 キッチンの主な作業場の食品収納、食品準備、食品調理、加熱の間の通り道の関係の
モデル
キッチンの作業での動く距離の最短化を図る





AMKの紐を使用した研究と人間工学研究(AMKは現代キッチンに関する研究グループで
す)

■70年代 紐を使用した研究■
人間工学的な動きの観察:結果はよりよいキッチンの設置をサポートしています

■1991年 人間工学の研究■
キッチンでの人間工学について
調理のゾーンについて
作業ゾーンと清掃ゾーンについて
冷蔵庫と冷凍庫のキャビネットについて
キャビネット構成について

キッチンの標準設備の種類が増加しました。
2段引き引き出しではなく、全開式引き出しの重要性が認識されました。
引き出しが付く事により、収納力のあるキャビネットとなりました。


戻る
戻る