アルバム[  (2011年1月〜  )

          戻る(トップページへ)          
前へアルバム 7へ

                              2011年12月       コリークラブを脱退した
寒くて朝散歩は10時過ぎに・・・・          (12月19日)
南国高知・・・なんて言われてるけど、高知市でも最近は夜中・早朝の気温は1〜0℃まで下がることが多くなってきた。
最近血圧が不安定になってきているので、寒い中出かけたら一気に血圧が舞い上がってしまうからとても今までのように7時過ぎに散歩なんて出来ない。
少し気温が上がりかけ家事の済んだ10時過ぎに出かけるようにしている。午後の散歩は寒くなる前の4時過ぎに別宅方面。

        退屈だなあ!     遊んでえ〜!

別宅の畑に植えていた野沢菜が今年は遅くまで引かずにいたら、50〜60cm位に高く伸びてチャッピーが隠れるくらいの高さになったし根元も太くなった。
これなら長く漬けこめば本場の野沢菜のような美味しいお漬物が出来るかもしれないと頑張って収穫し洗ってみたが、
残念なことに今まで使っていた漬物用の桶が小さ過ぎた。残りはご近所の方につかってもらうことにした。

                   
早くも師走 退屈なチャッピー            (12月2日)
何処にも連れていってやることもなくチャッピーには退屈な毎日、月一回の更新となってしまった。
皮膚科の内服薬はまだ飲んでいるが、脂漏気味だったと思うのに、夏の日焼け後の皮膚が乾燥して膜状に剥けるような感じに腹部の皮が剥げたした。
獣医さんが乾燥肌になってきているので乳液のように塗るようにと、スプレー式の皮膚薬をもらってつけている。だから剥げた皮膚がよれて汚い感じになっている。
今は朝夕2回になった飲み薬だが、次からは3日飲んで一日休むという間隔になるそうだが・・・・。

                  
チャッピーは最近別宅の畑の大根葉を食べるのを夕方の散歩での楽しみの一つにしているが、生野菜を食べさすと石が出来ることもあるらしいとハイシーさんから教えてもらった。やはり茹でて食べている野菜は生ではアクがあるので食べないほうがいいんだろう
ワン友さんのワンちゃんが最近膀胱に大きな石が多数見つかり手術した。原因は別だろうけど、大変なことになることはやめとこう。
だから畑に居る時は盗みかじりをしない様に気をつけないといけないな!。
                           2011年11月
別宅とチャッピー                      (11月11日)
陶芸目的だったはずの別宅では最近(といっても半年ほど・・・・)は)陶芸の作品作りもしていない。(やる気が起こらず・・・・
梅雨時とか真夏の暑さもあったし、チャッピーの心電図異常とか手術とかがあって別宅に行って庭で遊ぶ回数も少なく、雑草が生い茂り、近所の方に最近見ないけど・・・・と心配される位だった。
「彼岸の種まきま」とか言われているのでなるべく早く雑草も引いて畑づくりをしなければ・・・と9月末から頑張ってチャッピーの餌用の大根(葉)と野沢菜の種まきをしたのが、やっと写真位大きくなってきた。
チャッピーは
雑食で野菜も果物も大好きで生の芋や野菜でも齧って食べる。以前芋を掘り上げた時も傍で齧っていたことがある。
しばらく遊んでやった後、雑草を引いたり大根などの手入れをしていたら、他の畝の大根葉を齧り取って食べている。また食べようかなと身構えているので叱った。


勝手にアチコチ齧ってもいけないし汚いので、大きい茎を一本洗ってやると足で押さえながら美味しそうに食べていた。満足したのかその後は齧らなくなった。

                  
          
ダイエット療養食は終わったし、相変わらず食欲旺盛なチャッピー 食器も舐めつくし、体重はまた逆戻りの11kgとなってしまった。
自分たちが食べている今が旬の柿や梨もあげてしまうし、楽しみにしているオヤツがやめられないためだが、飼い主もオヤツがやめられないんだから・・・・、どうしようもないな! なるべく量を減らすようにしよう!
                              2011年10月
ダイエット療養食終わり・・・ 食欲旺盛でこれからが心配  (10月31日)
7月9日から始めていたダイエットフード2種(Hillsのr/d を9kg 、ロイアルカナンの低分子プロテインライトを3kg)がなくなったので、毛艶も悪くなってきていたので獣医処方ダイエット食は終わりにした。
目標体重の10kgまでにはいかなかったが、かなりスリムになって見栄えもマシになってきたし、動きも軽そうだ。
オヤツをなしにするということは可哀そうで出来なかったので、10.5kgで終了となった。でも一番肥えていた時は12.9kgもあったんだからダイエットはまあまあ出来たことになるかなあ?
以前はフリスビーやボールを投げて遊んでやっていても、取りに行く時は早いが咥えて持ち返る時はノソノソ歩きで動きが遅かったが、今は楽しそうに跳びはねる感じで帰ってくる。家の周りの通路を2周一緒に走ってやっていても以前は私よりかなり遅れていたが、今はすぐ後ろについて来られている。
しんどそうにもしていないので、心臓の方も大丈夫なんだろうと思う。

しかし先日8種混合ワクチン接種に行った病院の体重では10.7kgになってしまっていた。
今は以前からの体重管理用のラム&ライスに戻ったが、リバウンドをこれ以上させない様に気をつけないといけない。
                              
       食事を待ちかねていて、最後まできれいに食器を舐めずり回すように食べ、敷物も食器も元の位置にはない状態だ。

もう湿疹もなく掻かなくなったが、まだ皮膚科の粉薬は3回/1日 続いている。しかしあんこ等甘いものに混ぜなくても煮た野菜等と一緒にそのまま食べれだしている。
出かけるにはいい気候になった。                  (10月17日)
朝夕が大分涼しくなったので、朝の散歩時間を遅くしたり、チャッピーの運動不足解消とワンコ慣れ&人慣れにアチコチ出かけた

坂道が急なのでしんどくて(飼い主が)滅多に行かない坂道を降りた下の団地まで朝散歩で出かけた。
  車が通らないので水路沿いの農道を歩いたが、架かっている幅広のグレーティングが怖くて尻込みして何度か促してやっと渡れた。
  
たっぷり40分、帰りの登り坂では心臓パクパクで途中腰掛けて休憩(日頃の運動不足を痛感)


以前行ったこともある物部川の河川敷公園に妹と一緒に出かけた。
  しかしほとんどがパークゴルフ場に様変わりしており、散歩できるのはグランドの間を流れる小川沿い の通路だけだった。 
  丁度散歩に連れてきたダックスフンドのワンちゃんと出くわし、珍しくチャッピーも興味を示して近づいていた。

                      
       
本犬保存会展覧会見学とSUE家の3ワンズと遊ぶ?
16日高知市出行われる展覧会に行くからとSUEさんから誘っていただいたので、3ワンズとも慣れさせたいし、SUEさんがお世話して葉山の住人犬となったブルーマールの仔犬も見たかったので、チャッピーを連れて出かけた。
前日までは雨が降ったりやんだりだったが、快晴で日陰に避難する位だった。3ワンズの近くに居ても近づかれると逃げてばかり・・・・、遊ぶどころではなかった。
日本犬の展覧会場内でシェルティーが5頭(ビート君は殆どゲージ内)も居て、会場内を歩いていると目につくのだろう。色々声も掛けられた。
愛想のいいネレウスちゃん達3ワンズは大人気だった。特にきれいなブルーマールのトリトン君は目を引いたようだ。  
会場をチャッピーを連れて見ながら歩いているといろんな方に声かけられたり触ってもらえたり(少々緊張?)していたが、初めての人にも寝転んでお腹をさすってもらったり していたので、人慣れにはいい 機会だったと思う。

       
                                             アン・トリトン・ネレウスちゃんの親子3代                          
中年のご夫婦がチャッピーを見て、6月に亡くしたセーブルのワンちゃんみたいだと・・・色々話しかけられ、目がソックリだとか言われながら撫でてくれていた。
またセーブルのシェルティーを飼いたいが、高知のブリーダーさんを知らないし・・・・と言われたので、コリークラブの支部長もされ、シェルティーについての情報を持っておられるから・・・と、後はSUEさんにバトンタッチした。
トリトン君たちをつないでいる日陰に行っても、そこでもしばらくワンコ談義がされ、肝心の最後の優秀犬の審査や発表を見落とすところだった。

初めて出陣し受賞した柴犬の仔犬も可愛かったし、SUEさんが2日間預かって連れてきていたブルーマールのビート君は骨格もしっかりしていて、とっても大人しく一度も泣かなかった。
                       受賞オメデトウ 
                                一寸だけ外に出してもらえたビート君            

チャッピーも私も久しぶりに昼食時以外は殆ど日なたの中を歩きまわっての4時間で、少々疲れたが、楽しい一日であった。  
発疹やかゆみも消え良くなったけど・・・・         (10月15日)
2週間分の飲み薬が処方されていたが、1週間もたたないうちに発疹も消え掻かなくった。その間お店にシャンプー&リンス剤を持参してシャンプーもしてもらったので、ダイエットフードで毛艶が悪くなっていたのも一寸ましになった。
薬がなくなる2週間後受診となっていたので、今後の治療がどうなるのかも聞きたくて再受診した。「良くなってるのがわかります?」と聞かれたが、確かに皮膚科独特の薬が出されて効果があったと思う。
アレルギー体質的なものはありそうだと言われた。抗生物質とカビの薬は出なくなりり4週間分の薬が出て4週間後に再受診・・・ということになった。
   診察室では一寸緊張        待合室には幸いだあれもいなかった      

10月末にはM動物病院での8種混合ワクチン接種があることを話すと、薬は飲んでいても大丈夫だということだった。
しか一昨年狂犬病予防注射後異常があって今年の注射の時はアレルギーの注射もして狂犬病予防注射をしたという話をすると、「狂犬病予防接種は脳神経に影響するのでそういうことまでして無理に注射をすることはないと考えている。」と言われ、ドッグランの利用などで接種証明が必要なら、
「・・・・・の理由で接種することができない」という証明を書いてもいいですよと言われ、書類の見本も見せてくださった。高知市では予防注射をしなくても済むのかなあ?
皮膚科専門病院・・・・・                        (10月7日)
以前から肘や脇の下、腹の何ケ所かプツプツ赤くなりM病院で出してもらった塗り薬を塗っていたが、夜中も掻いていて可哀そうだった。
それに加えて9月末には片方の太ももに沢山ブツブツと赤い発疹がでてきた。(道路脇に撒かれた除草剤によるカブレのせいか?)
JCC高知展の時、皮膚科専門の獣医さんが最近高知市に出来ていると教えてもらっていたので、探して連れて行った。

お宅が不潔だからということではないけどハウスダストやダニが原因の場合が多いです・・・、色々検査しますとは言われ、皮膚検査、血液検査9項目、ホルモン検査3項目がされたようだった。診察・検査で16000円余り。
そんなに色々検査をしないですぐ手当てしてもらえるものと軽く考えて連れて行ったのだが、翌日又チャッピーを連れて結果を聞きに行くことになった

お宅が不潔というのではないが・・・と言われながらも、粉薬(抗ヒスタミン剤・カビの薬・抗生物質など)と水薬(ビタミンE)が2週間分、それにシャンプー剤2種が出された。
2日間で早くも諭吉さんが3枚飛んでいった。次は2週間後・・・ということになったが、何ヶ月か掛けて徐々に薬を飲む回数や間隔はあけていくようだが、いつまで通院しないといけないんだろうか?
お薬を飲ませだして6日 太ももの赤い発疹は消えて、お腹の方は余り掻かなくなった。
それはうれしいことだが、「目標体重を9kgとしての手作り食の例を」示されながらもお薬を飲ませやすいようにと出してくれた人間用のおしるこの甘いあんこを3回の薬毎にあげ、油分の多いビタミンE・・・・・、折角
10・5kgにまで減ってきた のに・・・・(行くたびに諭吉さんも飛んで行くだろうし・・・・・)、このまま続けるか一寸思案中だ。

  5月ごろはこんなにズンドウ状態で動きも悪かった。 太った時は12・9kgもあったが、7月9日よりダイエット食開始 10月7日10.5kg
      (一寸ヒップが貧相になっちゃった)  

避妊手術をしたら肥満になりやすいというからこれからも気をつけないといけない。
                            2011年9月
ダイエットは焦らずボチボチと・・・・                         (9月27日)
肉球の変化がありだした頃から、毛艶も悪くなってきたように思うので、フードも朝はロイヤルカナンの低分子プロテインライトにし、夕だけヒルズのr/d にした。
最近急に朝晩が涼しくなり、チャッピーも犬部屋で一日過ごすようになり、そこでも遊ぶし、夕方の散歩も再開して別宅でも遊んでやれだした。
走って足裏を擦るせいか肉球も少しずつ元に戻りつつある。だが運動量としては増えているのに、体重は11kgから減らない。


日中ダランと犬部屋で寝そべってることが多いし、お腹が空いているのか食餌を待ちかねガツガツ食べるのを見ると、余り食餌量(カロリー)を減らしたりオヤツをやめるのも可哀そうになる。

肥えていた頃は12.9kgもあったのが今は11kgまでにもなった。一気に減らそうと焦らず目標の10kgに近づけるようボチボチ頑張ろう!
太って歩く時もノソリノソリという感じでブヨンブヨンしていた頃から比べたら、随分引き締まって見えるし歩きっぷりも良くなったと思う。
                                       
 肉球受診結果・・・・お騒がせしました                       9月12日)
毛が生えてきたと驚いていたけど、SUEさんが教えてくれたように肉球が変化したものでした。とんだ勘違いで皆さんをお騒がせしてしまいました。
暑くなったり手術したりで散歩も朝だけ短め、そして犬小屋改修と昼間玄関に入れたりでフローリングとカーペットの上だけの生活がほとんどだったせいのようだ。
夕方の散歩で別宅の芝生で遊んだり、以前の犬部屋のように床がセメントや人工芝だと遊んでやる時に足裏が適当に擦られて良かったみたいだ。
涼しくなったのでなるべく散歩も頑張って道路を歩かせてくださいと言われた。

心配していた亜鉛不足のせいではなかったようで、r/d はチャッピーに与えても問題ないです。ただ、脂質不足もあるし肉球だって人間の踵がカサカサになるようなものだし、毛艶も悪くなるので減量目標に達したらいつまでも続けない様に・・・、肉球の毛と勘違いした部分は切れるなら痛みはないはずだから切ってもいいですとも言われた。

これでひとまずは安心したが、朝晩はだいぶん涼しくなってきけどまだ日中は30℃以上、まだしばらく日中は玄関住まいになりそうだ。

                      
ダイエット目標まであと1kg しかし肉球に毛が生えてきた!            (9月9日)   
月9日からダイエット用のフード(Hill’sのr/dに徐々にきり替えてきたが、フードを替えてから12.2kgから、2ヵ月で11kgになっていた。
しかしあと目標の10kgまでには1kg減らないといけないのに、毛艶も少し悪くなってきたように思う。
同じようにフードをr/dに替えたSUEさんところのアンちゃんが最近けいれん発作(原因は低血糖)を起こし危ない状態になっていたりしたので、運動量は少ないけどチャッピーも気をつけないといけないなと思っていた。
いつもなら玄関で眠っていても傍を通るとすぐ起き上って
遊んで〜とオモチャを咥えてくるのに、今日は全然動かず壁にへばりつくようにして寝ていて動かない。呼んでも気づかず眠っている。アンちゃんのことが一瞬頭に浮かんで、低血糖で意識不明?と慌てて名前を呼びつつ揺り動かした。
すぐ気付いて慌てて
飛び起きたので先ずは安心!でも心配でちょうどオヤツの時間だったのでいつもより多くあげてしまった。


それ以外に最近気になっていることがある。チャッピーが床でよく滑るので足裏を見てみると、最初は肉球の皮がペロンと剥げかけているような感じに見えたが、よく見ると肉球が硬くなり短い毛が密生している。驚いてSUEさんにアンちゃんのことも尋ねたり、インターネットでも調べてみた。
フードなどに亜鉛成分が不足すると肉球の発毛が見られることがあるという記事を見つけた。
               

以前獣医さんが取り寄せてくれたフードは食べさせてなくて、楽天ショップ(動物病院)で取り寄せていたので問い合わせたが、メーカーに聞いてくださ いという返事が来た。しかしメーカーではそういう話はありません。低血糖になったケースはあります。獣医さんに相談してみてくださいと言われた。

このままr/dだけにするのも心配で亜鉛成分の多い食品を追加して与え、朝は獣医さんが取り寄せてくれたロイアルカナンのフードにしていくことにした。
亜鉛成分が多い食品は色々あるが、ダイエットのこともあるので、手っ取り早くきな粉や煮干しを混ぜることにした。
でも他に原因があるかも知れないので一度は獣医さんに診てもらおうと思う。
                   2011年8月
 抜糸と病理組織検査結果                8月23日)
今日抜糸に連れて行った。創は引っかいたりなめたり出来ない状態で2週間過ぎていたので、手術創の痕もきれいだった。
切除した乳腺腫瘍の組織検査結果は心配していた通り乳癌だった。(腺管癌)
しかし切除した境界部分には病変は見られず、ここからの転移の心配はないということだった。


まだ残っている9個の乳首に新たな腫瘍が出きることもあるので、これからもよくお腹を撫でてやって早めに見つけてやってくださいと言われた。
2月から別の病院で腹部のエコーや心電図を何度も検査して貰ってきていたが、何にも言われず、私も気づいてやれていなかった。
暑くなってからシャンプー時にお腹の毛ぞりをしてもらっていたので、お腹をさすってやったり、ヘソ天させて皮膚炎のお薬を塗る時に、早く見つけられたのだと思う。
これからも異変に早めに気付いてやれるよう気をつけていこうと思う。

川での水遊びは縫合部のカサブタ(痂皮)が取れる一週間後なら良いと言われた。その頃はもう川の水も冷たくなって入れないだろうなあ。残念!
ダイエット用フードと手術などで11kgにまでは減量出来たが、体力も落としたくないし、楽しみにしているオヤツもあげながら無理のないダイエットでいこうかな思う。
今しばらくは創を掻かない様に下の
特製腹帯は巻いているが、チャッピーは食欲も旺盛でいつも通り元気で遊びを要求してくる。
皆さんには色々ご心配いただきありがとうございました。
 手術後も元気で安心!                  (8月14日)
食欲もあり、ウ●チ異常なし、発熱もなく創の腫れも引いてきた感じなので、今朝はまだ少し涼しい6時半ごろにいつもの朝の散歩コースを散歩した。
全然痛みもないようで、溝の上も跳ぶし、歩きぶりもいい。久しぶりの散歩なのでコースの臭いチェッをしきりにしていた。

                                                        久しぶりに道路で寛ぐ              チャッピー ハウス!
腹巻き用に使っていたヘッドレストカバーが体に添いにくいのでもう一か所買ってきていたマジックテープをつけた。
男の子が使うマナーベルトもいいかな?とペットショップで買ったが、パチっと添わないので、これにもマジックテープを追加して縫いつけた。

                          
チャッピーの手術創は2か所(乳腺腫瘍と子宮摘出)だけど、2か所乳首を切除したかと思ったくらい乳腺の手術創の方が長い。 抜糸は獣医さんの臨時休診(17〜21日)があるため 23日か24日になる。

 無事手術終了                          (8月11日)    
心電図の異常もあり一寸心配なところもあったが、前日の9日にシャンプーの予約も取れて、今まで以上に丁寧な毛ぞりをしてくれていた。しかしカミソリ負けしたのか、腹部をよく掻いて真っ赤になっており、慌てて痒み止めの軟膏を十分ぬった。
その上から、術後創の部分を掻かない様にと100均ショップで見つけきていた車のヘッドレストカバーにタオルを敷いて腹部を巻いて固定した。
(翌朝まで外してなかったので、術後も使えるな!と思った。)

手術当日10日は水も食事も与えす9時ごろに来てくださいということで連れて行った。今日は男先生で乳腺と子宮手術の上に麻酔のついでといっても歯石除去までは無理だと言われた。翌日11日は休診日なので迎えに来るのは午前9時か午後4時に・・・ということで、なるべく早く、午前9時に迎えに行ってやることにした。
午前中から預けても手術は診察時間の終わった夜?にご夫婦獣医さんでしているようだ。無事に終わるのを朝まで待つしかない。
電話がなければ無事手術出来たということだと、9時に迎えに行った。取った組織も検査の希望があれば外注しますと言われお願いした。(頼まない飼い主もいるんだ)

2週間分の抗生剤をもらい2週間後の抜糸ということで、乳腺一か所と子宮摘出・組織検査で56400円払った後エリザベスカラー付きのチャッピーを連れてきてくれた。
うれしそうに甘えてくるが大きなカラーが邪魔で可哀そう。早速車に入れてから、ヘッドレストカバーとタオルを使って腹部を巻き、カラーは即お返ししてきた。

車の中では少しトロトロした感じでまだ麻酔の影響が残っているのかなあ?
帰宅後は早速おもちゃのボールを咥えて遊んでほしそうにしたが、お腹痛いから駄目よ!というと口からポトンと落としてがっかりという感じだった。
すぐに朝の食事をあげたが、いつも通りの量を完食した。
でも今日一日は腹這い状態でトロトロと寝ている感じだった。でも私が用事でアチコチ移動すると後をヒッツキ虫の如くついてきていた。

夕食もお芋に混ぜた薬ともに完食、後はウ●ンチが出てくれたら普段通りだ。腹に巻いたものも外さず引っかいたりもしていない。湿疹も治ったのかなあ?
                  

後は組織検査待ちだが、乳首のしこりも小さかったし、早く気づいたので大丈夫じゃないかなあ。 
ご心配いただいた皆さんありがとうございました
乳腺腫瘍、涼しかった川遊び                  (8月5日)
6月ごろからずっと湿疹で痒がり病院で貰った塗り薬やシャンプーでも余り効果がなくシャンプーの時6月7月の二回腹部だけ毛ぞりをして涼しくしてもらってきた。
甘える時、「お腹撫でてえ〜」と横になるので撫でてやるが、一個の乳首にイビツな固まりを触れるのに気づいた。
2009年2月にも2個の乳首が硬くなっていたが、大きくならねば大丈夫だから経過を見て・・・と言われていたが、その後は触れなくなっていた。
しかし今回は小さくても形がイビツだし、別の病院で指摘されていた子宮に水?貯留しているということもあったので、近くの前からのかかりつけの獣医さん所で診てもらった。

すぐ「乳腺腫瘍ですね。切ってみないと良性か悪性かは分かりません」と言われた。
別の病院で検査などしてもらった話はしないで、心電図などの検査もしてもらい、手術をしてもらうことにしたが、前から迷っていた避妊手術(子宮など摘出)も一緒に10日にしてもらうことにした。
(車に乗れなくなった時のことも考え、近くのこの病院で先々もワクチンや薬などお世話になるつもりだから・・・・)。湿疹と右耳のマラセチア外耳炎の薬も出してもらった。


手術は無事に済むだろうけど、しばらく運動や遊びは出来ないだろうし、下に書いたようにチャッピーにも何らかのストレスによる変化があるようだから、今日はチャッピーの痒い体をきれいな川の水に浸からせて涼みながら遊んでやろうと、渓流釣りなどでに出かけたことのある川に出かけた。
チャッピーにとっては5年ぶりの川である。(前は少し水の中に入ってみただけとか3回犬かきをしただけだった。)
上流の方なので水はきれいだったが最初は少し冷たく感じた。私について水の中に足を踏み入れたものの冷たさに一瞬立ちすくんでいた。
                 
しかし腹部が浸かる所くらいまでのところまで進んでも後について来だした。水は怖くはないようだ。足が届かない深さまで誘導すると犬かきで泳ぎ出した。
二回ほどそんな状態で泳いだ後は周りの景色を見る余裕も出てきた様子だった。
体に十分川の水を掛けてやり、足や腹部などは川の中でザブザブ擦ってやった。気持ちよさそうだった。

                    

家ではあんなに怖がる段差なのに川までの15段くらいの石段も平気で自分で上がり降りしていた。帰りなどは私を先導しながら3段位登っては振り返って待っていた
きれいで涼しい所だし、手術が無事済んで出かけてよくなったら、また連れて行ってやろうと思う。
ここなら人家も近いし
頼もしいチャッピー(笑)護衛になるので物騒ではなさそうだ。
トイレの失敗・・・・何が原因だろうか?            (8月3日)
ここ一週間くらい前から時々ウ●チをトイレの外にしだした。一部はトイレ内に残っているけど、大半は外にある。
玄関でも犬部屋のトイレでも失敗しているので何が原因なのかわからない。怒りながら始末していても周りをチョロチョロいる付きまとっている。

チャッピーのトイレは1週間交換不要のトイレマット(花○のワンダフル清潔トイレ)だけど、時々消臭や除菌のスプレイを噴霧している。最近使いだした消臭・除菌剤が嫌いなのかなあ? (マットは濡れが多いと途中でも替えるようにはしているけれど・・・・)

犬部屋の改修による環境変化のせい?、わきの下などの湿疹で痒くていつも掻いていることや、最近私が長い夏風邪?で体調を崩し何日も日中寝てたりしていて、散歩も短め、夕方の散歩でも別宅で一緒に走ってやることが出来なかったりだったので、何かストレスがたまっているのかなあ?  
チャッピーは一度も下●ピーになったことがないので始末は楽だけど、7才にもなって・・・というのは何かあるはずだから、気をつけてやらないといけない。
                            2011年7月 
                                               早いものでチャッピー7才 運動量が足りなく肥満体だが、ただ今ダイエット中(食餌)
ダイエット用フードに変更・・・・               (7月24日)
獣医さんから体重を10kg位に減量を・・・・といわれていたので、バンビさんの教えてくれた獣医処方のダイエット用の缶づめがどんなものか試しに買ってきていた。
Hill’Sのアレルギーのある犬用のz/dと肥満用のr/dの2缶を買い、食べさせてみたが、z/dは食べるが肝心のr/dの方は好きでないようで残してしまう。今までも缶づめは余り食べさせていない。
いずれも獣医処方食となっていたので、獣医さんに電話してダイエットフードを取り寄せてもらった。
しかしうまく話が伝わらなかったのか、来たのはアレルギーのあるワンコ用の高蛋白フード3kgで、チャッピーは臭いが気になるようで今までのフードと混ぜても食べない。1kgにしとけばよかったなあ。

仕方なくお店では獣医処方食となっていたが、Hill’sのr/dのドライフード3kgを買ってきた。
7月9日から今までのフードと野菜の煮たのに混ぜながら食べさせてきたが残さず食べている。食欲も落ちず食事を待ちかねている。
本当は他のものはあげないほうが良いようだが、徐々に慣れさせていこうと思う。
切り替える前の体重が
12.2kgだったが、2週間後の24日現在は11.5kgになっていた。700g位の減量か?
お散歩も暑いので短時間になっていて運動量は減っているが、フード切り替えがよかったのだろう。
バンビさんのお話では2カ月位でずいぶん減ったらしいけど、この調子だとあと一か月位で体重10kgに抑えることができそうだ。
でも急激な減量で体調崩しても困るので、今まで通り野菜の煮たものなどもあげて行こうと思う。

暑いので日中は玄関に入れて冷房を送り込み、涼しくなった夜は犬部屋という生活をしている。

      
                                                   久しぶりにみきちゃん&みきママと道路で一緒に遊んでもらった。
犬小屋は改装したけれど・・・・・                       (7月12日)
チャッピーの犬小屋は台所に続く4帖位の広さで床はコンクリートだった。(6月に写真あり)
台所との段差があって踏み台を置いていたが、日に何度もの上がり降りはかなり膝に堪えていた。
怖がりチャッピーも台所に上がるには一大決心で身構えて跳びあがってきていたので、お互いの年令を考えても改修が必要かなと思い模様替えに踏み切った。
                 
床をかさ上げしてフローリングにし、バカでかかった木製ハウスは処分した。
犬小屋(チャッピーの部屋)と台所との段差も10cm位になり気にならず出入り出来るようになったし、境の敷居に腰を下ろせばいいので、遊んでやる時用の椅子も要らなくなるかな?
       
しかし、ここで怖がりチャッピーにとっては大きな問題が生じた。部屋間の段差はなくなったが、散歩に行ったり庭に出る時の段差が高くなり怖くて上がり降り出来なくなってしまったのだ。
今までは雨が多かったり蚊がいるので庭には出していなかったが、お散歩の時は出かける時も帰った時も部屋から抱っこしてやらないといけなくなった。
早く踏み台を用意しないと毎日の散歩が大変だ。

階段が苦手だから、玄関に居る時も二階には上がろうとしない。玄関のフロアーから土間に降りるのでも怖がる。
しかし外で嫌な音がしたりチャイムが鳴ると吠えながら跳び下りているのに、今度は上がれなくなって土間でうずくまっている。なんともおかしな都合のいい臆病者だ。

                    

 チャッピー 7才誕生日 おめでとう!             (7月3日)
今まで余りひどい病気にもならず、元気に育ってきてくれた。
最近は心電図の異常で心配な状況だったが、日常生活には支障ないということで安心している。まだまだ犬生半分の年令だからでこれからも元気で一緒に過ごして行ってほしい。チャッピーのためにも一緒に自分も元気でいてやらないといけない。

9か月の時訓練で3カ月そして私の手術入院で一ケ月間 チャッピーを迎える時にお世話になった訓練士さん所に預けたことはあったが、ずっと一人っ子の甘えん坊で過ごしてきた。 
ビビリのチャッピーだが、
他のワンちゃんと遊べるようになることと、2kgの減量で肥満解消がこれからの課題だ。
梅雨時の食欲不振のせいもあるのか、今の体重は12.2kgと少し減っていた。

と言いながら、今日だけは特別だから・・・と豪華なワンコ誕生ケーキは駄目だが一寸小さめのケーキを買ってきた。
一才の時のケーキは大きいの丸ごと食べて大丈夫だったけど、今は肥満だから・・・・ネ。

                     
      まだですか?                  先ずは上の栗から・・・・                       美味しかったなあ!   
           
お誕生日までには・・・・と思っていた犬小屋の改修は間に合わなかったが、これからはチャッピーの犬小屋(部屋)との段差が少しになるので楽になる。
                                2011年6月 
                                        一寸重くなったなと思っていたが、体重が12.9kgと増えていた。減量しなきゃあ!
 お腹の毛を剃ってもらった                  (6月24日
梅雨明けが待ち遠しい毎日、チャッピー は体全体ではないが、腋のしたや腹を夜中でも掻いて可哀そうだ。
獣医さんで貰ったシャンプー(酢酸シャンプー)で自宅でもシャンプーしてやっていたが、お店のシャンプーに連れて行った時に脇の下から腹部を外から分からない程度にバリカンで剃ってもらうことにした。(獣医さんが言うライオンカットにするほどひどくはないと思うから・・・・)

普段より30分時間がかかった。お店の方に出来れば写真を撮っておいて・・・・とお願いしていたら、撮ってくれていた。
迎えに行ったら、うれしそうないい顔であった。
       一部切りかけは自分で切りかけていたが、難しくてやめた跡だ。 上の写真から見ると怯えずしてもらっていたようだ。  
 一先ずホッとした負荷心電図 と犬小屋改修     (6月21日)
晴れたら走らせての心電図をとるので、来る時は病院の都合もあるので連絡をしてから来て下さい。それまでは安静にして・・・・」と言われていたが、ずっと雨が降らない日はなく、一時少し雨がやんだ日があったので連絡したがダメだった。検査がいつになるか分からないのに、それまで安静に・・・というのも可哀そうだし、心配しつつ遊んでやっていた。やっと21日は朝から雨も降っていなかったので、検査に出かけた。

若い動物看護士さんが病院周辺を走らせようと外に連れ出そうとしたが、イヤだと座り込んで動かない。仕方なく途中まで私が一緒に付いて走ったが観念して付いて走って行った

走って帰ったらすぐ抱きかかえられて心電図検査を受けた。室内には初めは一緒に入れなかったが、今度はカラーなしでして下っっていた。
途中で呼ばれて中に入って心電図を見せていただきながら説明をうけた。
運動後の心電図には異常が出てこなかったが、しばらくして落ち着いてくると又異常波が出てきだしていた。二人の動物看護士さんに体を押さえれながらの検査だったのでやはり緊張性のものなんだろうか?                       
負荷心電図の結果、これなら普通の生活・運動をしても大丈夫ということで、特に治療についての話もなかったが、これからは先ず体重を減らさないと運動するのもしんどい。
10kg位に・・・・となると2kgあまり減量しないといけない。今はドライフードと野菜など煮込んだものをあげているが、野菜をもっと多くするなど考えないといけない。

獣医さんに相談すればダイエット用の缶詰があると、シェルティー多頭飼いのバンビさんが教えてくださった。獣医さんに尋ねてみようと思う。
ワン友の皆さんには色々ご心配いただきありがとうございました。

数日前から犬小屋の床・壁などの改修を始めたので今は玄関で過ごしている。
床をかさ上げするので、犬小屋と続く台所との段差が少なくなり、私もチャッピーも上がり降りが楽になる。
年齢とともに足腰が弱くなり膝にこたえていたので、これからは踏み台もいらず楽になるし、チャッピーも上がるぞ!と気負いこんで上がらなくてもよくなるし、抱っこして下ろしてやらなくてもよくなる。(段差が怖いビビリンチョ
一寸心配な心電図結果                     (6月16日)
貰っていた薬もなくなったし、食欲不振や度々散歩途中で歩かなくなることが気になったていたので、雨も降っていたが病院に連れて行った。
4才の時の心電図検査で
頻脈(生理的なもの)と洞不整脈(呼吸性不整脈)があるが心配ないと言われていたが、暑くもないのに座り込んで動きたくないという様子が気になるので心臓のほうも診てほしいとお願いした。
血液検査、エコー、心電図検査をしていただいた。心電図検査の自動解析結果を見せてもらったが、やはり心配していたように心電図に異常が見られ、獣医さんも調べてよかったといわれた。
T波陰性・第2度房室ブロック(wenckebach型)と書かれていて、安静時の結果だから、今度晴れた日に外で走らせての検査してみるので事前に連絡下さいということになった。(獣医さんが見ながらかな?)
ただ今まではボールやフリスビーを投げて遊んでやっていたが、無理をさしてたら危ない。コトッといくことがある。避妊手術のことも話してみたが、リスクが大きいと言われた。
今回の心電図検査時はカラーをつけられ私が傍にいなかったし、かなりの緊張状態だったと思う。
肥満はあるしコレステロールも高いし、心臓に何らかの変化は来ているかもしれないけど、次の運動負荷で心電図がどうかを待つしかない。

経過観察でいい・心配いらないものならいいけど、走らせたりの遊びが出来ないなんて可哀そう!
 
散歩中も無理に「行くよ!」と引っ張ったり、置いて先に行ったりしてみたりして、チャッピーにはつらい思いをさせてきていたんだ。 チャッピー ゴメンネ!

蒸し暑い梅雨一時の晴れ間                     (6月13日)
どんより曇ったり雨の日が多く、犬小屋の床も湿気てきているので、普段はハウスの上に置いている扇風機を床に下ろし、今日は少し晴れ間があったので、ハウスの中の敷物やベッドを洗い、家の中で使う夏用のベッドを代わりに入れておいた。
しかしチャッピーはハウスの中より扇風機の前の敷物の上で寝そべっていることが多くなった。厚い毛皮をきているので風が毛をなびかせてくれて涼しく気持ちよかったんだろう。


今日は朝から雨は降ってないし別宅の芝生も少し乾いていて遊ばせてやることができた。
でも最近食欲不振で余り食べれていないので走りは遅いが久しぶりの外での走りに、楽しそうであった。

           
                                                        痒い〜の!
脇の下の皮膚病がかゆくてよく掻いている。貰ったお薬も効いていない感じ。なかなか洗ってやれなかったが、明日は晴れそうなので貰っている薬用シャンプーで自分で洗ってやろうと思う。             
病院で再検査                 (6月6日)
以前受診したS動物病院でヒートが終わってからもう一度子宮蓄膿症の状態を検査するので連れてくるように言われていたので連れて行った。
ヒートは終わったと思い、シャンプーもしてもらったが、おりものも出ているのか汚れている。

             
      何をされるんだろう?  怖いなあ!                                         まだだとわかると余裕の表情              

まずエコー検査をしてから血液検査があった。前回2月の検査では子宮内に少し液体が溜まっていると言われたが、今回は3倍くらいに増えていると言われた。
血液検査で細菌検査をしたが、白血球数は多くないので炎症はなさそうだが、皮膚炎もあるし抗生物質を10日飲ませて再検査ということになった。
散歩中歩かなくなるのは、毛が多いし暑いし口で体温を逃がしているからしんどいのだと言われた。(でも今度は心臓の検査もしてもらおう)
ただコレステロール値が今回も高いので気をつけるように言われた。
 やはり運動不足とご褒美のジャーキーがいけないのだろうと反省!
今のフードはなるべく替えたくないなあ。

             
                                    終わっって会計を待っている待合室では隣のダックスフントに興味を示し近づいていた。    
                          2011年5月 
 梅雨入り・・・                      (5月29日)
雨や曇りの日が続いていたが、ついに高知も梅雨入りしたらしい。
月初めに始まったチャッピーのヒートも終わりかけたのでシャンプーに連れて行った。
雨の日や雨上がりで道路が濡れている時は余りお散歩には行かないことにしている。
折角シャンプーしたのに濡れて汚れてしまうし・・・と思っていたが、狭い犬小屋の中で遊んでやるだけでは肥満体のチャッピーの運動不足になってしまう。


                            
  
    雨の日はお散歩なしだから退屈〜!            
ヒート中でも食欲旺盛だったが・・・・最近少し残すようになってきた。傍で座って待っていると、ワンワン言いながら訴えてくる。「
まだ残ってるヨ。何にもないよ。」と声かけてなんとか完食という状態だ。
でも体重は又増えているようだし、散歩中もしんどいのか?途中で停まって歩かなくなる。
リードを引いても座り込んで動かない。
「帰るよ」といってリードも付いたまま置いて振り向かないで先に行っていると、トボトボ付いてくる。
単なる甘えではなく、心臓とか何処か悪くてしんどいのかもしれないし、「ヒートがすんだら又子宮蓄膿症の検査に来てください」と言われているので、診てもらおうと思う。

また種崎でSUE家の3ワンズと遊んだ  (5月2日)
トリトン君のアジリティの教室にSUEさん達が種崎に来られるので、先月種崎に行った時はお会いできなかったので、またチャッピーを連れてお弁当持参で出かけた。
チャッピーの月始めの予定のヒートがまだだったので出かけたが、トリトン君の集中練習の妨げになっっては・・・・とチャッピーは待機中のSUE家のネレチャん&アンちゃんのいる車のそばで待たせた。

             
               こんな放置状態でも やっとネレちゃんの傍にいられるようになった。

17日には遠く長野県のwally&beckyご夫妻が2ワンズ(シェリー&かすみちゃん)と一緒に来られるが、その日は連れて来られないだろう(ヒート中)
教室の様子を見せていただいた後はSUE家と一緒に高知新港公園に移動した。

         
      

               
   SUEさんの魚釣りならぬ「ワンズ釣り」 みんな行儀がいいネ   あげる時は、ネレウス・・・アン・・・トリトン君の順番にしているらしい。

                   
    
3ワンズが自由に動き出すと、呼んでも聞こえないようなパニック状態で駐車場への道を必死で降りて行こうとしていたが、帰りの車の中ではこんなご機嫌顔になっていた。
結局今日も3ワンズと混ざり合って遊ぶということは出来なかった。

                              2011年4月
                                      一寸締まって見えると思ったが、体重はわずか500g位減で12kgだった
土の上の散歩               (4月25日)
今日は風が強いので予定していた仕事(植え木の噴霧消毒)ができないので、チャッピーに土の上で散歩でもさせてやろうと少し遠出して遊びに出かけた。
数年前にも出かけた高知新港公園だ。SUEさん所のトリトン君のアジリティーの教室の近くだから、トリトン君たちが来ていればいいがなと思ったが、残念ながら今日は教室の日ではなかった。
奥行きは余りないが横長の広い公園で、アスファルトでなく砂利、土や草の上をチャッピーを散歩させてやれたし、今日だけは草などのクンクン臭いチェックもさせてやった。

風が強くて公園の中の東屋でお弁当を広げることは出来なかったが、こんなところが近くにあればいいのになあ・・・・。
      
                                                                対岸は桂浜だよ     
この階段 怖くて降りられないよ〜!

帰り道の途中の池公園にも寄った(ここも2回目)が、ここは犬はリード付き、芝生のグランドには入れない。車の中でお弁当を食べてから帰った。十分日光浴もできて、帰りの車の中では少しトロトロ居眠り状態。

      
 フリスビーやボールも持って行ってたけど、風が強くて遊べなかった。また風のない日に出かけよう。
 狂犬病予防注射とフィラリア検査  (4月19日)
シャンプーをしてから・・・・と先延ばしにしてきたが、前日美容室が休みだったので、自宅でシャンプーして病院に連れて行った。
昨年の注射は注射後両目が斜視のようになりうるんだようになって、、アレルギーへの注射と目薬が処方されたので心配だった。
しかし前の様子が分かっている病院がいいかな?と思い、いつもの近くの獣医さん所に受けに行った。今回は最初からアレルギーの注射もしておこうということになった。

           

採血したり注射されても、押さえてやってないのにビクッともしない。
感覚が鈍いのかなあと言うと、「おとなしいからでしょう。暴れたり咬みつこうとする犬もいますヨ」と言われた。チャッピーの場合はおとなしいからよりも怖くて固まってしまっていたのだろう。でも今までも女医先生の時は震えが少なかった?ような気もする。


フィラリア検査は異常なしだったので、フィラリアの薬8ケ月分とフロントライン6ケ月分を出してもらった。(暖かい高知ではフィラリアの薬は5月末から服用だし、薬8ケ月分だとフィラリア検査代が無料になるので6か月分と料金は同じかな?と思うので長く飲ませられるほうにしている)
心配していた注射後の異常も出ずよかったが、来年もアレルギーの注射が必要かなあ?
アスファルトのせいだ!          (4月16日)
夕方の散歩の時JA駐車場(アスファルト舗装)でフリスビーを投げたりして遊んでいたが、乾燥で摩耗したアスファルトの粉じんで腹や足の汚れがひどいのだろうと思い、休憩だけにして遊ばない様にしてきた。チャッピーの散歩コースもアスファルト舗装の道路ばかりだからどうしようもない
アスファルトの道路散歩でこんなにもひどく汚れたのはこの冬が初めてだ。
最近やっと雨が降った日もあったが、アスファルトの摩耗した粉じんがすっかり浅い流されるくらいは降ってくれない。

シャンプーしてもすぐ足やエプロンは灰色にきたなく汚れ、ブラッシングやぬれ雑巾で拭いたくらいではきれいにならない。
甘えると、
お腹撫でてえ〜」と腹を見せるが、お腹の皮膚も薄汚れていて撫でた手が黒く汚れてしまう。

                           

      2週間もすると汚い野良犬状態、狂犬病の予防注射に行く前に洗ってやらないといけないが、月2回のシャンプー代は痛いなあ!

             
                       2011年3月 
暖かくなると・・・・・                  (3月23日)
まだまだ朝晩は寒いが日中の気温が20℃近くなる日もあり、日向に居るとポカポカ暖かい。そのせいかよく毛が抜ける。
雨が少なく、アスファルトの粉じんのせいかチャッピーの足やエプロンの汚れもひどいが、軟膏をつけなくなったのでベトベトはしていない。。
もうそろそろシャンプーに連れて行かないといけないが、先月のシャンプー時(26日)につけてもらったリボンがしっかりまだくっ付いている。

     

昼間日光浴も兼ねて、玄関前の花の世話をしている時に外に出してやった。車も来ないので暖かい道路で寛いで寝そべったり、大あくびまでも・・・・・。 
そこへ前のみきちゃんも出してもらって出てきたので、チャッピーは久しぶりに相手してもらい追いかけっこしていた。

        

朝の散歩の時は、別宅近くの散歩し始めのトイプードルの仔犬が遊びに寄ってくれた。体重は1.5kgだそうで、ヒョイと手のひらに抱えられる大きさだ。
お互い怖がりということですぐには近づけなかったが、仔犬に無理強いはいけないが、一寸は馴れたのか庭を少し偵察していた。チャッピーも仔犬をクンクンしていた

    又遊びに来て一緒に走ったり遊べるようになるといいなあ! 
 病院再診                         (3月7日)
皮膚炎の薬がなくなったので再度受診した。よくなっているので薬も不要となったが、子宮蓄膿症の検査を再度すると言われ、今度はエリザベスカラーをつけられてしまった。
(前回のエコーでは少しだけ膿?が溜まっているのが見られたので)前回は私も検査に立ち会うように呼ばれて、エリザベスカラーもなく、チャッピーの前足を握ってやりながら見せてもらったが,今回はチャッピーだけ検査室に連れて行かれた。
検査は若先生、 先生が来られるまで診察室の台でエリザベスカラーをつけたまましばらく待たされた。

診察室と待合室との間には扉もなく開放的で、診察台の上で待ってるチャッピーからも待合室の私が見えるし、若い「
動物看護士」さんが気持ちよさそうにチャッピーの毛をずっと撫でてくれていた。そのせいかチャッピーも安心して待てていたようだ。
診察台の上なのに珍しくこんな安心した顔で待てていた。

検査結果も今は特に変化はないのでヒート(5月)が終わった頃に再検査で経過を診ましょうということになった。
今回も病院のすぐ隣の公園周辺を散歩してから帰った。
  
  SUEさんところの3ワンズ・・・馴れてきたかな? (3月2日)
SUEさんが3ワンズ(ネレ&・アンちゃん・トリトン君)を連れてSUEさが作ったシェルティー等の陶芸作品の絵付けなどの相談に別宅に遊びに来られた。
車から降ろしてもらうと、もう何度も会っているので、みんなすっかり顔なじみって感じで近づいてきて跳びつくし顔までなめられてしまった。 
家の中で釉薬の色など相談している間、3ワンズは庭や車の中で大人しく待っていたが、家の前を通る顔見知りの方たちは、チャッピーじゃない犬が3頭もいるのに驚いたり、ブルーマールのトリトン君にも興味を示していた。

           
打ち合わせ?おしゃべり?が終わったので、自宅からチャッピーを連れてきた。
放牧状態になった3ワンズに早速取り囲まれ、トリトン君にクンクン追いかけられたりで、もうチャッピーはパニック状態。      
家の後ろに隠れたり、私に抱きつこうとしたりで、一寸可哀そうだったが、リードをつけ座って横にいさせると落ち着いてきた。
SUEさんがオヤツを取り出すと、3ワンズはSUEさんに集中し、もらおうとすごいジャンプ、特にトリトン君のジャンプはすごい!
   ( だから、放していたらフェンスも跳び越えて外に出てしまうということで、二人が中に居る間は、テラスの柱に縛られていた。

でもSUE家では年功序列をはっきりさせて、名前を呼んで順番にあげているようだ。
チャッピーにも投げてくれたが、跳びあがってキャッチすることができず、落ちたのを探している間に食べられてしまうことが多かった。

  
        
                      2011年2月
病院そして美容室                      (2月25日・26日)
最近チャッピーの汚れもひどく、自分でシャンプーもしたりドッグスクールでしてもらったりしてもすぐ汚らしくなってくるし、夜中も2階にまでチャッピーの掻く音が聞こえて来る。
腹部は寝かせて点検し赤くなっている部位に獣医さんで貰っていた塗り薬をつけてきていたが、よく見ると頚部(のど)の部分にダニか何かにかまれたような痕がありそのあたり一面に赤茶色の斑点があった。
ずいぶん前からだったと思うのに見落として気づいてやれていなかった。
M病院で貰っていた塗り薬は毛がベタベタするだけで効かないし、腰部の塊や子宮蓄膿症についても別の病院でも・・・・・と思っていたので、近所の人が勧めてくれていた獣医さんを受診した。
「アチコチに赤くなっていて、これは一寸ひどくなっている」と言われ、血液検査、細菌検査、超音波検査などを受け、抗生剤の注射と内服薬、薬用シャンプーが出た。
子宮蓄膿症は経過観察、腰部は脂肪ということで一先ず安心した。
折角チャッピーのために別宅に芝生を作ったのに、皮膚にチクチク刺すのでよくないと言われてしまった。今の芝生が枯れてる時期がいけないのか?、今度確認してみよう。
注射と内服薬が少しは効いてきたのか、昨晩は余り掻いていなかった。
                      
      やっとチャッピーが入れるハウスとベッドを見つけた。  でも暖かくなってきたので夜も犬小屋で過ごせだすからすぐ使わなくなるけど・・・・・。

病院でもらった薬用シャンプーで自分で洗ってやろうかとも思ったが、乾燥不十分になってもいけないので、いつもの美容室に薬用シャンプーを持参して洗ってもらった。
                  

 久しぶりの恵みの雨                     (2月17日)
昨年末から2月上旬まで一滴の雨も降らなかった高知市、先週お湿り程度の雨が2回降っただけで、高知市の水瓶の鏡ダムにも取水制限が出されていた。
しかし昨夜から雨が降り出し、久しぶりにずっと一日中降り続いている。気温も高くなりだした。草花、野菜、樹木には待ち望んだ雨である。
久しぶりに傘を使った
だがチャッピーは今日は雨のため朝・夕のお散歩もなしで、犬小屋で朝から退屈しながら過ごしていた。 (寒い日は家の中)

私が別宅に陶芸をしに出かけて留守にしていた間はハウスの中で熟睡していたようで、帰って車庫側から犬小屋を覗いても気づかず、ガラス戸を開けるとやっと気がついてハウスから飛び出してきた。

毎日オヤツの時間(3時半ごろ)が近ずく頃には台所横の踏み台で上を見上げて待っているが、今日は腹時計までも眠っていたのかな?
                                

             
やっと 久しぶりの雨
Sドッグスクールそして 初めての海と波                 (2月5日)
5日はSUEさんと3ワンズ、Kさんとひゅうが君が徳島のお友達と合流して高知市のSドッグスクールに来られるということだったが、陶芸教室の日だったので諦めていた。
しかし午前中のようだし、Sドッグスクールも見てみたかったのでSさんに渡すものもあり、余りに汚れたチャッピーのシャンプーもスクールでしていただけそうなのでを連れて出かけた。
シャンプーしてもらっている間少し離れた訓練場に行ってトリトン君たちの様子を見ていたら、きれいになったチャッピーを連れてきて下さった。
早速トリトン君のクンクン攻勢に逃げまどっていたが、椅子に3ワンズがリードで繋がれるとチャッピーも少し落ち着いた、ネレウスちゃんのすぐ近くでもリードなしで居れた。
          
         
一寸慣れたかな?                                   ひゅうが君お勉強中 
ネレちゃんもアンちゃんも撫で撫でしてほしがり、とっても甘えん坊だ。アンちゃんは愛相がないと言われてるが、ネレちゃんを撫でてたら「私も〜」という感じでアピールしてくる。

トリトン君のアジ練習が始まるので邪魔になるだろうから、陶芸教室には間に合わない時間になっていたのでお休みをしてすぐ近くの種崎海岸でチャッピーを遊ばせてやろうと練習場を後にした。
種崎海岸は以前手前の浦戸大橋下で雨の中S訓練士さんにネレウスちゃん、ポシェットちゃん達と指導を受け、その後みんなで行った海岸である。
その時はまだ小雨も降っていたし怖くてチャッピーは波打ち際に近ずくこともなかった。
今日は暖かく波も静かである。ポシェットちゃんも最近きれいな海岸で楽しんだようだし、チャッピーは波にどういう反応を示すかな?と波打ち際まで行ってみた。
恐る恐るだが少しづつ波打ち際まで近づき、川の水を飲んだ経験からお水を飲もうと近づいたが、小さな波がザブッ来たので私の声に驚いてふん逃げた。だから海の水は辛い!という体験にはならなかった。
                    

乾燥注意報発令中                  (2月2日)
チャッピーの足や腹が余りに汚いので、次にシャンプーに連れていくまでに一度家でも洗ってやろうと洗ってみたが、2日もたたぬ間にすぐ足も腹もエプロンもねずみ色に汚れてしまう。特に足の汚れがひどい。今までこんなに汚れやすいことはなかったのに何でこんなに最近汚れるんだろう?と思っていた。

高知市に1月は雨が一日も降らず、乾燥注意報が出るしとっても寒い日が続いている。
最近はJAの駐車場でもフリスビーや布のおもちゃ、ボールを投げて遊んでやっているが、投げてやったものが黒く汚れている。泥の汚れではない感じだ。
余りの乾燥状態で、道路や駐車場のアスファルトの表面が粉じん化して飛んでいるんじゃないかな?。汚れはそのせいだったのかな?と思った。


今日も別宅で元気に遊んだ後は満足げに横になっているが、なんとも薄汚れた脚やエプロン・・・・、また早めにシャンプーしなきゃあ・・・。 

 
                         
                               2011年1月
                                             寒くなり庭などでの運動不足もあり体重は12kgから減らない
 まるで薄汚い野良犬?                 (1月19日)
チャッピーはシャンプーしても10日もたたないうちにエプロンやお腹、足がねずみ色に汚れて汚らしくなってしまう。
エプロン・お腹はブラッシングだけではきれいにならない。毛にツヤが出てきた分脂っぽいのかなあ?

自宅や別宅では畑の中をウロウロしているし、甘えるとすぐお腹をさすれと所構わず寝そべってしまうので、汚れもひどいんだろうと思う。
散歩の途中のJAの駐車場ではまだチャッピーが訓練のお勉強をする気なので、待て!をさせたりしているが、リードなしで離れた所で座ったり伏せていたら、汚い野良犬がいると思う人もいるんじゃないかな?と思う。

今日の午前中は風もなく10℃くらいだったので、別宅で遊んでやった後しばらく庭でのんびり日光浴をさせた。
肥満解消には運動もさせないといけないが、一人遊びができないので何かを一緒にして遊んでやらないといけない。
風もなかったので今日はいつもより長くフリスビーで遊んだ。何度もうまくジャンピングキャッチができ、チャッピーもうれしそうだった。

         
 車の中でお留守番後ドッグランへ             (1月9日)
コリークラブの総会が9日にあり、Sさんから3ワンズも連れてきて南国SAのドッグランで遊ばせる予定だと連絡をいただいたが、「長い時間車の中で留守番をさせたことがないので、又の機会に・・・・」とSさんには話していた。が、試しに・・・・と連れていくことにした。
最近チャッピーがよく体を掻いているので早めにシャンプーに連れていこうと思っていたので、シャンプーの済んだチャッピーを連れて総会会場のレストランに出かけた。
いつもは助手席だが、今回は後部座席にオ○ッコをしくじったらいけないのでトイレシートも2枚広げて好きなおもちゃも置いてやって待たせることにした。
昼食しながらの会で長くなり、3時間余りかかったが、なんとか排泄もなくイタズラもせず待てたようであった。夏だったら大変だったと思う。
会場にはSさんところの3ワンズだけでなく、Kさんもヒュウガ君を連れてきていて、会が終わった後車から出してやって駐車場でワンコのご対面となった。
ヒュウガ君たちを相手にしている間にSさんがチャッピーを抱きかかえてくれていた。前から抱こうとすると絶対逃げたと思うチャッピーをやすやすと抱きかかえているではないか!でもカメラは車の中・・・・・残念ながらシャッターチャンスを逃がしてしまった。


3家族で会場からすぐの南国インターから高速に入り高知インターまでの間にある南国SAのドグランに出かけた。
ドッグランには2頭のトイプードルを連れた親子連れが先客で来ていたが、 小さなトイプードルに珍しくチャッピーは鼻を近づけて挨拶まがいが出来た。
しかしグンと近づいて来られると逃げてしまった。
少し遅れてSさん家の3わんずも入ってきたので、トイプーちゃんは5頭のシェルティーに圧倒されていた。
セーブル・トライ・ブルーマールの
3色のシェルティーの揃いぶみである。一寸見られない光景だったんじゃないかな?
でもドッグラン内ではトリトン君のクンクン攻勢が続き、チャッピーは「助けてえ〜」と膝に掻き付いてきたり立っている脚の間に体を潜り込ませて来たりしたが、ここで抱いたらダメだと心を鬼にして何にもしてやらなかった。
                    
             

Sさんところのネレウスちゃん達やkさんとこのヒュウガ君の写真も撮っていたので、ドッグラン内での写真はトリトン君と一緒の写真が殆どで、チャッピーだけ写った写真は一枚しかなかった。トリトン君は熟女好みかな?
でもこうやってもまれて強くなっていってほしい。いつになったら他の犬と遊べるようになるのかなあ?
とっても寒い年明け チャッピーのハウスとベッド     (1月1日)
チャッピーは普段は台所続きの犬小屋の中のハウスで寝て、寒くなるとハウス内にベッドを入れてやっている。しかし猛暑や極寒の頃には家の中、といっても狭い玄関のフロアーにチャッピーを入れてやっている。
ベッドや同じサイズのトイレも置いているが、昼間暖かくなれば犬小屋に戻しており、完全室内犬ではない。


                 

数年前まではトラベルキャリーを家の中に入れ寝かせたりしていたがまだ肥満体ではなかったので左程窮屈そうでもなかった。。
昨年暖かそうな可愛い布製のハウスを見つけて購入したものの、肥満体のチャッピーには窮屈そうで使わずそのまま元の袋に入れたままだった。

                   

しかし今年の冬の寒さは半端な寒さではなく、屋根なしでベッドだけでは寒かろうと引っ張り出してみた。
以前よりもっと肥満体になったチャッピーは中に入れても体の向きを変えるのも余りに窮屈そうなので、近所の小型犬に使ってもらうことにした。
チャッピーの臭いがついてしまったけど、気に入ってもらえたかなあ?
だから今年の冬のチャッピーの家の中でのハウスは電子レンジの空箱を使いこんな状態で過ごさせることにした。
狭い玄関では移動しやすく場所もとらないので、安上がりに我慢!我慢!