アルバム\ (2012年1月〜  )

          戻る(トップページへ)          
前へアルバム8 へ)

                      2012年12月
今日はお薬貰いに受診                   (12月22日)
またまた体重が増えて13.9kg・・・・・、獣医さんも避妊手術したとしてもこんなに増えるのはなぜだろう?と首をかしげる。
以前のように歩かなくなることはないが、玄関の土間へ降りたり散歩後玄関に上がることを躊躇する感じで抱っこして挙げ降ろししている。
まだ股関節が痛むのかなあ?とも思うが、でも獣医さんは股関節の注射は4回で一年は効果が持続すいると言われているし、肥え過ぎたことと心臓の病気?でもあるのかなあ?
獣医さんは「頻脈や呼吸が速くなるなどの原因となるものが見つからないが、香川に行けば心臓専門の病院があるので紹介してもいいですよ」と言われた。
でも今まで3人の獣医さんに診てもらっても特に治療を要するとか言われていないので、少し様子をみることにした。
飼い主同様チャッピーも老いてきているので、無理のない程度に遊び運動してオヤツを少々控えて元気で長生きして一緒にワンコライフが楽しめたらいいかなと考えることにした。
          
                      2012年11月     「チャッピーの部屋」の公開をやめることにした。
 余り出かける機会もなく、いつも同じ光景の写真ばかりで、ネタなし! HPの公開はしんどい状態なので、ついに公開中止を決断した。
でも出来る限りチャッピーの記録としてアルバムは残していこうと思う。
                           2012年10月 
ばあちゃんとお散歩                          (10月19日)
「コスモスを見に行こうよ」等と外へ出ることを誘っても「寝るがええ」と言ってなかなか着替えて外に出ようとしなかった母が今日は珍しく「寝てばかりじゃイカンから気分転換にコスモスでも見に出かけようか」と言い出したので、引き籠りでウツウツ状態だった母とチャッピーを連れて車で出かけることにした。
前に出かけた下水処理場グランドあたりに少しコスモスも咲いていたし、美術館周辺に緑地公園あり車椅子でも行ける遊歩道があるのでそこに行ってみることにした。
妹も一緒に行こうということになり、チャッピー連れだったのでチャッピーを妹に引いてもらうことにしたが、家に来た時には妹に体をすり寄せたまらない様に甘えているのに私のすぐ横でないと歩こうとしない。
         

妹がリードを持って引こうとしても母の車椅子をついている私のすぐ横を歩こうとするし、妹が車椅子の通る道からそれて緑地に入ろうとすると動かなくなる。
これほどまでの私のストーカーとは思わなかった。車椅子の母にリードを持ってもらうと
傍をついて歩いてくる。
途中いろんなワンコとすれ違うがポメラリアンとダックスなど小型犬が多かった。怖がってなかなか挨拶できなかったが人間大好きという2才のパグには挨拶で来ていたが、ポメ?の仔犬にお尻の臭いチェックをされ固まっていた。
            
       美味しいものに釘つけ!
お散歩嫌いか?と思っていたが・・・・・             (10月4日)
最近肥満で股関節に負担がかかるだろうと散歩時はワンコ部屋から抱っこして下ろしてやることが多くなっていたが、ぐるぐる回ってなかなか抱きついてこないことが多く、散歩も短めできまったコースだし、アスファルトの道ばかり・・・・・・・、お散歩が楽しくなくなったのかなあ?と思ったりしていた。
しかしここ数日朝夕は随分涼しくなってきて、チャッピーも動きやすくなったのか、自分からワンコ部屋から飛び降りる日もあり、散歩の時の足取りも以前より早くなり、途中で舌の色を気にすることも少なくなった。心臓の調子がいいのか?関節の痛みがなくなったのかなあ?

更に驚いたことに朝の散歩では家の前の道路まで帰ってくると、お勉強は?と必ず止まって見あげて来る。家の前から10m位の道路で「座って待て」をさせておいて車庫に帰って散歩の荷物を置いたりしている間もじっと待てていて、「おいで!」と呼ぶと以前のようなノソノソというよりは走りもよく帰ってくる。
時々試してみるが、遠隔操作で座れ!から伏せ!させたり、立て!座れ!もなんとか出来だした。
この訓練をしていることで運動量も少しは増えてきつつある。(まだ見た目には余り痩せたようには見えないけれど・・・・)
いやしん坊でご褒美ばかり期待しているチャッピーだけど、肥満だからご褒美で釣るのもよくないので大きい声で褒めたり撫でてやったりを心がけるようにはしている。
             
一寸は気分を変えて気晴らしも・・・・と以前出かけた美術館北の下水処理場の緑地と美術館の緑地まで車で出かけて、土や草の上での散歩もしてみた。
ゆっくりとだが一時間近く散策し、いろんなお散歩中のワンコにも少し接触できてよかった。
リードをつけていればワンコを入れてもいいし、静かだし足にも優しいからこんな場所が家の近くにもあればいいのだが・・・。
                              2012年9月    
 病院でシェルティに・・・・うれしい遭遇                     (9月24日)
最近は散歩や病院でもシェルティーと出会う機会がなかったのに、前回の病院の日にも12才のおとなしいブルーマールのワンちゃんが診察に来ていた。
ワンコ同士は関心を示さず接触しようとしなかったが、飼い主さんとは少しお話し出来た。股関節など色々悪いところが多いが出来るだけ長生きしてほしいと・・・・、
ご夫婦で連れて来られてとっても大事にされてる感じだった。
そして今回も診察室の中に可愛いシェルティーが一頭ずつ抱っこされて2頭もいた。こんなに続けてシェルティーに会えるなんて・・・・ とっても嬉しかった。
写真を撮らせてもらったが、
飼い主さんはお友達同士?のようでそれぞれのワンちゃんは顔もきれいでミニシェルティー?かと思う位小さな感じだったが、一頭は普通サイズだということだった。
チャッピーが肥満(今は13・1kgにまで増えてる・・・・・)だから余計小さく感じてしまうのだろう。


チャッピーの肥満は関節への負担も大きいのでダイエットしないといけないと思うが、股関節や心臓を心配してお散歩量が少ないし、家の中でいつもいつも遊んでやるわけにもいかないし・・・・・、庭に出してやろうにも蚊がいるし・・・・・で、つまらない退屈チャッピーはベターと腹這いになって殆ど寝ていることが多い。耳が聞こえにくくなったかと思う位近づくまで気づかず寝ていることもある。
        
  退屈でつまらないヨ〜                 

避妊手術後は肥満になりやすいとは聞いていたが、13kgまでになったしまっては大変だし関節も心配なので、少し涼しくなってきたので夕方の散歩距離を少し延ばしてみたが、帰りは疲れて?または股関節が痛くて?やはりノソノソ歩きになってしまう。
フードをド○タ○プロのシニア・肥満犬用に替えた。 これで少しは効果が出てくれたらいいのだが・・・・。 
 
                                  
 今日も病院 一寸足を延ばして公園で散歩       (9月3日)
湿疹の方は殆どよくなってきているし、両口角のあたりをよく掻いて毛が抜けていた部分にもうっすらとだが毛が生えかけてきていると言われ、前回と今回の写真を比較して見せてくれた。少しずつ薬は減らしていくが、口角部を泡シャンプーをして洗ってやるといいと言われ、獣医さんが洗って見せてくれた。
割に空いていてすぐ終わったので曇りで余り暑くなかったので、車で10分足らずの所のグランド横の公園に遊びに出掛けた。
ここは細長いが東屋や池(川)があり、自転車道や車道との境には生垣があり落ち着いて遊べそうな場所だ。池?の水は余りきれいではなかったが亀が沢山泳いでいた。
心臓のことも心配だし余り走らないのでオモチャ等もってきてなかったので、リードを丸めて投げて持ってこいをして遊んでやった。取りに行く時は早いが帰りは途中で落としたり歩いて帰ってきたりだった。最近外で走ったりの運動をしていないので数回しただけで中止した。
土や草の上だったらもっとよかったんだけど久しぶりに緑の中での運動だった。
              

空模様が段々あやしくなって雷も鳴りだしたしパラパラと小雨も降り出したのでチャッピーを急かして小走りで車に帰ろうとしたが、やっぱり体が重そうにノソノソとしか走れない。なんとか大降り
になる前にチャッピーを車に乗せることが出来た。でも呼吸は少し早かったけど舌は赤紫色にはなっていなかった。
                           2012年8月  色々考えまたHPの公開をすることにした。(2月〜7月まで未公開) 
病院帰りに初めての 同伴お買いもの            (8月20日)
今日はチャッピーの股関節炎の4回目最後の注射の日で内服薬もなくなり病院に出かけた。3回目の注射の日に皮膚の方はきれいになってきているが、徐脈があるので一寸気になる。舌が赤紫色になって歩かなくなった時意識がなくなったりしたことがなければ今はまず心配ないと思うので様子を見てみましょうとのことだった。
でも今回は特にそのことへの治療などはなかった。これで股関節炎がよくなって元気に歩けるようになってくれればいいんだが・・・・。

時々フードやオヤツの買い物をするホームセンターが病院から帰る途中にあり、以前ペット専用のショッピングカーがあるのを見つけていたので、車中で冷房を掛けて待たすよりは・・・試しに
載せて一緒に連れて行こうと同伴で入った。余り利用者がないのか一台だけしか置いてなかった。

ワン友の来斗君が時々お店のワンコ専用のショッピングカーで楽しそうに一緒にお買いものをしてるようなので、チャッピーはどうかな?と思ったが、下敷きが滑って最初は落ち着かなかった。でも店内をアチコチ回っているうちに馴れてきてキョロキョロしていた。
この日の買い物はチャッピー用のの敷物2枚とオヤツで、ほしかったHB101は1リットルのものしかないようだったのでインターネットでメーカーから取り寄せることにした。(送料無料だし・・・)


        
            
                                                             折角買ったのにカーペットの上の方で寝てることが多い。  
 お散歩も短め・・・・                   (8月17日)
やっと夜9時頃〜朝6時頃までの気温が25℃くらいに涼しくなってきたが、まだまだ日中は30℃を超える暑さで、夕方の散歩道のアスファルトも暑いので夕日が山に隠れた頃から出かけることにしている。
それでも関節は痛そうにないがノロノロと歩くのが遅いのでしんどいのかな?と今までのコースの半分位の所から引き返している。そうすると舌が以前のように赤紫色になったり途中で歩かなくなったりはしない。

今までは帰りに休憩しジャーキーの小片をあげていた保育園横のコンクリートの段の所で今は休憩してから折り返しているので必ずそこまで来ると自分から立ち止り尋ねるように見上げてくる。
           帰宅後は  お疲れさん!
涼を求めて・・・・                     (8月7日)
猛暑続きの毎日・・・、冷房なしではいられない。
股関節炎の治療中なので
余り長距離歩かせたり運動させたりは無理だしと・・・、短い散歩以外は冷房した家の中ばかりで可哀そうな気がする。
川遊びは後が大変だから度々はさせてあげられないので、高知市内から離れた涼しい所に出かけようと思い立ち、最近チャッピーの病院の近くに出来た津野町のアンテナショップの人から聞いた風の里公園に行くことにした。風力発電の風車が山上に建ちとても涼しいらしい。
しかしパンフレットだけで、地図を詳しく調べすに行ったので国道から山道に入る標識を見落としてしまってかなり登り口よりも行き過ぎてしまった。
途中寄った道の駅(布施が坂)で聞くと、引き返してもかなり曲がりくねった道で国道から20分くらいじゃとても無理だと言われた。
                

道の駅の所からも遠くの山上にいくつもの風車が建っているのが見えた。そんな山上まで行くのもしんどいなあと思い、それほど涼しくはないが高知市内に比べたらましかなと、道の駅周辺の東屋や公園をチャッピーと散策し、少しまた車を走らせてもっと涼しいだろうと梼原町まで行った。しかし着いた頃から雨が降り出してしまった。
折角来たんだから・・・と小雨だったので傘をさして役場の下の川辺で少し水の中を歩いて涼んでから引き返した。
途中雨がやみ風の里公園の登り口の標識も見つかったがそのまま帰ってきた。
帰ってから津野町のHPを見ると風の里公園はなかなかいい所らしい。一寸遠いけどチャッピーの関節炎もよくなり連れがある時に出かけてみよう。
                             2012年7月
一年ぶりの川遊び                 (7月30日)
2回目の股関節炎の注射に出かけたら、体重は11.7kgと少し減っていた。歩きは前回の注射の翌日まではよかったが、まだノロノロ歩きだ。効果が出るのは3回した頃からだと言われているので、まだまだ関節に痛みがあるのだろう。
前回トビヒもあると言われていたので、シャンプーに連れて行きたいが・・・と相談すると「汚れて臭くなければ皮膚のためには頻繁にシャンプーはしない方がいい、してもらうなら・・・」とシャンプー剤を出してくださった。

トビヒもあるんだったらシャンプーに連れていくのは控えた方がいいだろうと思いやめることにした。

その代わり暑いし川に涼みに連れて行ってやろうと・・・昨年出かけた渓流で水の中に誘い込み、痒がっているお腹のあたりなどを擦ってあげた。
水は少し冷たかったが、足の届かないところまで引っ張って泳がせてみた。ほんの50p位だが必死で犬かきで泳いでいた。残念ながら写真は撮れていない。


しかし帰ってきてからの乾燥が大変だった。いつもシャンプーをお店に頼むのは私の膝や腰の痛みのせいだけでなく、チャッピーは腰のあたりの毛が多くて乾燥が大変なためだ。
精密検査色々・・・・股関節炎           (7月22日)
皮膚の方も良くならないし再度貰った皮膚の薬もなくなったのを機に、心臓の専門医もわからないので、皮膚の方も診てもらいたいのでもう一度以前の皮膚科獣医さんで診てもらってみようと思い出かけた。
胸部のレントゲンや血液検査後、心電図や心臓のエコー検査では頻脈はあるが特に運動に影響が出るようなものではないようだ。
動きが悪いのは関節の方に何か原因がある場合もあるので・・・・と股関節のレントゲンも撮った。左の股関節に炎症を起こしているようだ。
(X線写真の様子をデジカメに撮らせていただこうとお願いしたが駄目だった。)
歩きが遅いのは心臓でも悪いのでは?と思っていたが、関節に激痛ではないが鈍い痛みがあって急いで歩けなかったのだ。もっと早く診てもらってあげていたら良かった。
関節にも人間と同じような加齢による変化が出るということで、関節への注射(週一回の4回)とサプリメントで、3回の注射後位から痛みがなくなるだろうということだった。
関節への負担減のためにも減量が必要だが、12.1kgになっていた。雨で散歩なし、歩きが悪くて短距離散歩のせいだと思う。
舌が赤紫色になることについてはしばらく様子を見てみようということになった。その時の脈拍数や不整脈がないか測ってみるように、
そして皮膚の方は食物アレルギーではないと思うので特別食は必要ない、ハウスダストが原因と考えられると言われた。掃除は気をつけているつもりだけど・・・、カーペットもよくないかも? もっと掃除を頑張らないといけないな!。

梅雨明けと同時に急に気温も半端じゃなく高く、チャッピーの部屋には台所から冷房を送っていたが、それでも日中は30℃近くなる日もあるので昨年のように台所から冷房を送り玄関で過ごさせることにした。
夜8時を過ぎてもチャッピーの部屋の温度もなかなか下がらず、夜は私の部屋から冷房を送り夜も玄関で過ごさせることにした。

犬部屋は屋根からの寒さ対策でウレタンボードの天井をつけているので、夏はそれが逆に熱をこもらせて余計暑くなってるのだと思う。
犬部屋にエアコンを・・・とも考えたが、冷房が効くには相当温度を下げて使わないといけないと思うので、やめることにした。
あれやこれや心配な状態が・・・・       (7月7日) 
最近また脇の下・お腹だけでなく瞼まで赤くなってしきりに掻いているし肉球の間まで赤くなっている。
散歩の時の動きもノロノロとした歩き方で、途中舌が赤紫色になることもあるのも気になるので、再度受診し、心電図なども調べてもらったが、特に心配するようなことはないと言われ皮膚のお薬を一週間分だしてもらった。

半年ほど前?から「お座り」といってもなかなか座らない時期があったし、横座りのような変な座り方をすることがありだしている。何か変だ。
8才であれほどノソリノソリとした歩き方をしだしたのも気になる。
今の獣医さんには申し訳ないけど、別の病院でももう一回検査をしてもらって心配ないようなら、チャッピーとも楽しく遊んでやれると思うので連れて行こうと思う。
 8才の誕生日                  (7月3日)
7月3日はチャッピーの8才の誕生日、最近は顔にも白い毛が多くなってきたし、散歩もノソノソ歩きで時々舌が赤紫色になり、走らせても機敏さがなくなった。
心臓のほうがやはり気になるが、肥満で負担がかかっているかも?・・・。
ダイエットフードのr/dは今日でなくなったが、ロ●ヤル○ナンの
低分子プロテインライトでしばらくアレルギーの様子も見てみようと思う。
ダイエット中なのでお誕生日のケーキを買っても丸ごとあげるなんて出来ないので、私用のプリンをハンブンコしてあげることにした。ブルーベリーを数個トッピングしてやった位で、貧相なお誕生日祝いだった。一寸カロリーオーバーになったけど、特別だから・・・・・。

               

                                 2012年6月
蒸し暑く、熱中症も心配             (6月30日) 
梅雨明けが待ち遠しい天気が続いているので、お散歩も日に一回雨が降りそうにないなと思うと時に出かけるという状態で運動不足が続いている。湿気があって痒いのか良く掻いているので、シャンプーしてもらった後病院に行って診察後お薬をもらってきた。
しかし相変わらず掻いている。湿度も高く熱中症も気をつけないといけないので、扇風機だけでなく、台所との境の戸を開けてチャッピーの部屋にも冷房を送り込んでやる時期になってきた。
今年はチャッピーを玄関に入れて冷房を送るのはやめて、出かける時も犬部屋の南北の戸のカギを閉めて台所の戸は開けた状態で出かけることにした。
チャッピーも自分の部屋で普段通りの生活が出来てのんびり寛いでいられるし、、台所で仕事をしている私らが見えるのでいいようだ。

                 
     
 一寸ホッソリしてきたかな?             (6月10日)
なんとなく散歩中の動きもノロノロしんどそうなので、以前SUEさん所のアンちゃんがr/d(ダイエットフード)だけをあげていて低血糖で痙攣?を起こしたと書かれていたので、それも気になってr/dは夕食だけにして以前から使っていたフードを朝食にはあげることにした。

5月には弟が亡くなったりとバタバタし心労もあり私の体重も減ってきてズボンが少し緩くなってきていたが、チャッピーも動きは悪いけれども少しウエストのあたりにクビレが出てホッソリしてきたように思う。やっとr/dの効果が出てきたかな?間もなくr/dを6kg使ったことになる。 体重は11.5kgになっていた。
                   遊んでえ〜!お気に入りのフランスパン
                                 2012年5月
 久しぶりの田園風景の中・・・・・         (5月17日)
弟が亡くなったりしてバタバタし、しばらく行けていなかった家から車で30分余りの畑に留守番が多かったチャッピーも連れて出かけた。
サツマイモの苗を注文していたのが届いたので植えるためだった。畑はシルバー人材センターに依頼して耕運機で耕し畝を作ってもらっていたので楽だった。
畑の中で芋の苗を植えたり車に荷物をとりに私が移動する度に
ヒッツキ虫の如くくっ付いて移動しており、自分ひとりで畑の中や周りをウロウロして遊ぶことがない。
運動になるし気分転換になるかな?と連れてきたが、一緒に居ることがうれしいのかもしれないが、親離れ出来ない甘えん坊だ。
(笑)

畑仕事も済んだので対岸の堤防の道を一緒に散歩した。田舎道でも堤防は土だけでなくダケ石を敷き詰めていて、アスファルトでもないので歩きにくそうだった。
                       
でも排気ガスもなくきれいな空気の中での散歩は気持ちよかったのかうれしそうだった。。
気の早い扇風機だが・・・・            (5月2日)
今年は冬が長く、春らしい気候になったと思ったら、早くも日中は夏日のような気温になり、チャッピーの部屋も風がない日は暑くなった。少々気が早いかと思ったが、南北の戸をあけても風がない日は暑いので扇風機を出した。まだ散歩から帰った時や遊んでやる時など
にたまに使う程度だ。

ダイエットフードに切り替えたけれども、
12.5kgから減らず、まだ効果が見られない。  
別宅を貸してチャッピーとの遊びに使えなくなったので、散歩時の運動量も減ってきていることもあると思う。
なんとなく動きものろのろとした感じで、機敏さを感じない。肥満というだけでなく、ダイエットフードでお腹が空いてしんどいのかなあ?
最近は飼い主共々生活に変化もなく、写真も少なくなった。

ただ散歩中の動きも遅くて舌が少し紫色になるのが心臓のせいでは?と気になるが、獣医さんには血が濃いためだろうと言われているし・・・・。
                            2012年4月
 狂犬病予防注射、ダイエット           (4月21日)
まだ少し脇の下に赤くなって痒そうに掻いてる所があるが、予防注射を済ましておこうと受けに行った。
以前注射後アレルギーで目に変化があったことがあったので予防のために今年もアレルギーの注射が追加された。
皮膚病のお薬(注射後3日以降に服用させていい)とフロントライン6個を出してもらった。

体重は12.7kgと・・・又増えている。散歩でも時々動きが悪くなり、脚側行進が出来ず2,3歩遅れてノソノソついてくる感じで、小走りしても走りについて来れない時もある。やはり減量が必要な状態になってきた。
毛艶が悪くなったり肉球がおかしくなったりと余りいいことがなかったダイエット用のフードの r/d だが、また使うことにした


                                
                                                        避妊手術後?こんな恰好で寝ることが多くなった。
 思う存分臭いチェック                (4月9日)
朝の散歩も少し暖かくなってきたので7時過ぎに出かけることにした。
今までだと別宅での遊びがあったけど、今はそれがないので、以前通っていた別宅の団地の公民館の空き地でリードを外して自由にしてやった。
3年ぶり位に放して貰った場所で、アチコチの臭いチェックですぐには帰りたくなさそうであった。他の犬の排泄物のにおいをチェックしているので汚いのだが・・・・、
たまには思う存分自由にさせてやっても・・・・と遊ばせてやった。

         

空気が乾燥しているためかアスファルト道路の散歩は足や腹が早めのシャンプーが必要な位に薄汚く汚れている。
 病院受診・検査色々              (4月2日)
最近また脇の下や腹の方をよく掻きだし夜中も掻いて床に足が当たる音がよく聴こえてくる。
ここ数日散歩中に時々立ち止って、引っ張っても動かなくなってしまうことがあったので、体重も増えてるし心臓の方も心配で受診して検査してもらうことにした。
狂犬病予防注射の時期ではあったが、湿疹があるので皮膚の治療を優先することになった。
心配だった心電図の方は以前のような不整脈はなく頻脈があるが、抱っこして別室に連れて行かれた検査のための緊張の影響もあるだろうから心配ないと言われた。
血液検査ではヘマトクリット値が高い以外は心配な数値はなかった。運動していてしんどくなるのはヘマトクリット値が高く血が濃いためだろうと言われた。
コレステロール値は高くなく腎臓や肝臓のほうも心配はないとのことだった。
対策としては水分を多く摂らせたほうがいいので、フードもふやかした方がいいとのことだった。野菜を煮たものを加えているが汁を多く残しておくことにしよう。
フィラリア検査は異常なしだったので、皮膚の薬とフィラリアの薬(5月から)をもらって帰った。
      終わって安心    診察台の周りを偵察?  車の中もいい笑顔                       
                      2012年3月
 コルクマットを敷いた                 (3月18日)
犬部屋を改修して床をあげ、フローリングにしてから、外から帰って犬部屋に跳びあがる時や室内で遊ぶ時によく滑ったりしていた。
チャッピーも7才半 足や関節への負担もあるだろうと、長カーペットを敷いている部分以外にコルクマットを敷きつめた。
30cm幅の物を継いでいくので、汚れた時や破いた時も交換できて便利だ。


車庫と犬部屋の床との段差は30cm位だが、それが怖いし前に車があるので怖いのか外に出る時は抱っこしてやらないと降りられない。
しかし外から帰った時は、後で貰えるジャーキーが楽しみだから戸の開くのを待ちかねたように跳びあがる。その時今までは入口の敷物毎滑ったりしていたが今はもう大丈夫になった。


抱っこする時も重くなったなあと感じていたが、なんと12.5kgにもなっていた。別宅で遊ぶことがなくなって犬部屋で遊んでやってはいるがやはり運動不足になっているのが原因だと思う。

朝散歩で別宅前に来ると庭で遊ぶものだと思い立ち止る。別宅は借家にしたので使えないが、しばらくはこの行動が続くだろう。
 乳がん?と心配し受診               (3月5日)
最近チャッピーのお腹を撫でたりする時に一番下の左右のお乳に又グリグリとしこりを触れ少し腫れているように感じてきた。
前手術した乳腺癌の部位は周囲への転移はないということだったが、新たな発生か?と心配し、皮膚も掻きだしていたので受診した。
触診したがはっきり乳腺がんとは言い切れないので、取りあえず一週間お薬を飲んで様子を見る、その間皮膚の方は薬なしということで帰ってきた。

一週間して再度受診し獣医さんご夫婦が触診してくださったが、今は何とも言えない。経過を見ましょうということになり、皮膚のお薬は出してくださった
                                2012年2月 (HPの公開をやめることにした)
 だいぶ平気になってきた?           (2月27日)
ワンコが怖くてなかなか他の犬に近づけず逃げてばかりのことが多いチャッピーだったが、毎日の散歩で出あうことも多く飼い主さんとの立ち話の間に怖くないことが少しずつわかってきたのか、苦手だった(散歩初めにその家のワンチャンに咬まれた)柴犬にも怖々ながらも近づいて行け出した。
今日は自宅前道路でリードなしで遊んでいる所に柴犬のユキちゃん(8才)が散歩で通りかかった。
どうかな?と思いつつ一緒に近づいて行くとチャッピーも尻尾は巻いているが、興味を示しつつ接近しいつもより距離が縮まり、顔まで付き合わされてもすっ飛んでは逃げなかった。ユキちゃんが友好的だったこともあるが凄い進歩だなとうれしくなった。
                  

              
                                                                出てきた前の家のみきちゃんも顔を舐めてもらっていた。 

出かける機会が少なくなっているが、やはりいろんなワンコと接する機会を多くすることが必要だなと思う。

 お散歩も寒いとイヤだなあ!         (2月14日)
高知市では雪こそ降らないが深夜から9時ごろにかけての気温が氷点下なったりととっても寒く、朝の散歩も10時過ぎにしているがそれでも風が吹いてとっても寒い。
チャッピーも鼻水を垂らしている時もあり、時には少し行ったところで「これ以上行きたくない・・・」という感じに立ち止まって引っ張っても動かなくなったりする。(抵抗)
風が目にしみるのかショボショボした目つきで訴えかけてくる。
過保護に暖房の中で一日過ごしているので寒さがこたえるのだろう。自分も寒かったので無理強いせず帰ってきた。でもお散歩の手抜きをしていると肥満が心配だ!

陶芸の作品作りとチャッピーのお散歩途中の遊び場だった別宅だったが、最近あまり作品作りをする意欲が失せた感じで、半年余り家の中に入っていないし、畑も今は大根だけで植えるものもなくさみしい状態になってきた。以前朝散歩で別宅でチャッピーを遊ばせていると「うるさい」と怒鳴られたこともあり気を使いながらチャッピーと遊んで来たし、段々と無駄な場所のような感じになってきた。
色々考えて3年前まで陶芸用に使っていた家(自宅から車で5分)の方に陶芸作品など(ガラクタ)荷物を引っ越し、一部リホームして貸すことにした。

散歩途中に別宅に寄ってフリスビーなどで遊んでやってた分これからは散歩の距離を増やさないといけなくなる。
今年は
畑でスイカやメロンなど作れなくなるのも残念だ。
今まで通り散歩コースは一緒だが、お散歩の途中で近くまで来ると「
別宅に寄るやろ〜?」という感じで見上げて立ち止まるようになっていたので、これからはどんな反応を示すかなあ?

                              2012年1月
 いっこうによくならない皮膚病 ・・・ 転医              (1月30日)
昨年9月末から皮膚科専門病院ということで教えてもらったK病院で色々検査をして内服薬とシャンプーを貰って治療してきた。
12月頃には赤くなった所もなく掻かなくなったが、腹部の皮膚が日焼けした時に膜状に薄く皮膚が剥がれるような感じに剥がれ背中などからも膜状のフケが沢山出るようになった。病院に行くと乾燥肌になっていると言われ、又前の薬を量を増やして飲むことになった。最初は脂漏肌の状態と言われていたはずなのになあ・・・・・。


しかしいっこうによくならず、又腹部や脇の下が赤くなり湿疹?も出て掻きだした。続けてお薬を飲ませていくのはどうも心配になり一週間飲ますのをやめて普段のかかりつけのM病院を受診した。一週間分お薬をもらって再度今日受診した。まだ少しフケは出ているが皮膚は赤黒さも取れ掻かなくなってきている。
治療を続けていたらどうなっっていたかなあ?
                        

前回一週間前の診察時は12.2kgと体重も増えていたし、またまた減量しなきゃあ・・・と思っていたが、今日は11・9kgと300g減っていた。
何にもしなくて減っているのはうれしいことだがそれまでの皮膚科の薬が油分たっぷりの内服薬だったのでダイエット出来ていなかったのかなあ?
2日程前から鼻水を流したりして元気がないので風邪?かと心配したが、熱もないし聴診しても大丈夫だと言われ安心した。でも夕方の散歩は途中で何故か嫌がったので短めにして帰った。
2012年はバタバタと始まりあっという間に早一週間・・・・ 1月7日
お正月準備も手抜きながら出来て、紅白も終わりまで見ずに床についたが、元旦の6時前に電話が鳴った。
病気入院中だった弟は大晦日に退院したばかりだから酔っ払いの間違い電話?と思ったが、弟急変の電話だった。
寝ている母の食事を出しておくには早すぎるし食べるものはあるので、なんとか自分で出せるだろうからと、チャッピーのフードだけは与えて救急搬送された病院に急いだ。

留守中の母の様子を見に姉に行ってもらったが、すでに残っていたポットのお湯と水をのみ冷蔵庫から食べ物を出して自分で食べた後だったようだ。
要介護で普段は自分では何もしない母が、チャッピーにもフードをあげ水も入れ足してくれていた。(普段私がやっているのを見ていたのでわかったようだ)
お陰でチャッピーは元旦に朝食を2回も貰ったことになる。ダイエットどころか一寸カロリーオーバーになったが、食べれるものだなあ!

そんなわけで元旦はお屠蘇・お節・お雑煮、チャッピーの散歩どころではなかったが、弟の状態が安定した二日にやっとお屠蘇やお節・お雑煮もいただいてお正月が迎えられた。
            
          
そして今日は早くも七草がゆ、我が家では正式の七草を使って作ったことはなく、色々野菜を入れての手抜きの七草がゆ、チャッピーにも食べさせてやった。
               
お腹に皮膚科の乳液をつけるし別宅の畑をウロウロするので足もエプロンもねずみ色、12月は2回もシャンプーしてもらったのに・・・・・・。

新年からこんなスタート・・・・、これ以上何事もない一年であってほしい。


      トップページに戻る              ページ先頭に戻る