連絡先
パソコン修理の案内
トップページ 業務内容 対応地区 故障判断 送付方法 料金表 求人情報 サイトマップ

パソコン修理実例の紹介

パソコン修理日記

パソコン修理において参考になる実例を紹介してゆきます

2017年2月7日
依頼内容
パソコンが起動しないためパソコン量販店でみてもらったら壊れているので買い替えをすすめられたのこと。パソコンに入っているデータだけ復旧してほしいとの依頼です
調査
SONYのノートパソコンでWindows 7です。電源を入れてみるとVAIOのロゴマークが出たあとNo system と表示されたきり先に進みません
ハードディスクを外して別のパソコンで内容を確認すると内容が表示されない。データ復旧を試すと内容は取れそう。パソコンは特に壊れていないためお客様には修理可能ですとお伝え。
料金は作業費8000円と交換用のハードディスクの料金がかかりますと説明したところ是非修理してほしいとのことでお受けしました。
結果
パソコンのハードディスクを交換してWindowsシステムをインストールしなおし、ライセンス認証を実施、復旧されたデータを戻すとともに必要な各種ソフト、ドライバーをインストール、Windows updateを最新版まで実施、iTunes 音楽がたくさんあったためすべての音楽をiTunes に取り込み一日半で作業完了
写真とiTunes 音楽が復元されたことでとても喜んでいただきました。総費用は作業費8000円とハードディスク代の実費です。
何かあったらこの次も是非お願いしますと感謝の言葉をいただきした。どうしてこんなにやすいのですか?と不思議そうでした。
どんな作業を行っても作業費は8000円なのですと説明、またリピータさんになっていただけそうでした。弊社のお客様は80パーセント以上がリピータで残りが紹介と新規のお客様です
感想
ハードディスクのデータを復旧ソフトで取り出さなければならないほど痛むまでパソコンを使うのはやめないと大切なデータを取り出せなくなります。パソコンの異常を感じたら早めに修理に出すことが大切です。それと、大切なデータは二重管理しましょう
2017年3月8日
依頼内容
DELLデスクトップのパソコンが起動時に時々画面真っ暗で何の反応もなくなってしまう。また、ハードディスクの音が大きくなってきたため交換したいとの依頼です
調査
パソコンのふたを開けると内部が綿ぼこりでCPUファンがふさがっている。また、ハードディスクもカチャカチャ音が大きい。放熱効果が悪くなっているとともにハードディスクの劣化が進んでいるようだった。ハードディスクのチェックをかけてディレイセクターがあることを確認
結果
ハードディスクの交換と内部のオーバーホールを実施、そのあとで耐久テストを実施して現象が再現しないことを確認。このパソコンをネットワークのサーバーにしているとのことなので最優先で作業を実施。一日半の作業で完了しました。
こんなに早く作業していただいたとの感謝をいただきました。料金は作業費8000円とハードディスク代の実費です
感想
デスクトップパソコンは中に埃が入りやすいため時々内部の清掃が必要です。特にCPUのファンがホコリで詰まると発熱してシステムダウンが発生します。それと、メモリーも接触不良を起こします
2017年3月9日
依頼内容
DELLデスクトップのパソコンが起動時に時々画面真っ暗で何の反応もなくなってしまう。また、ハードディスクの音が大きくなってきたため交換したいとの依頼です
調査
パソコンのふたを開けると内部が綿ぼこりでCPUファンがふさがっている。また、ハードディスクもカチャカチャ音が大きい。放熱効果が悪くなっているとともにハードディスクの劣化が進んでいるようだった。ハードディスクのチェックをかけてディレイセクターがあることを確認
結果
ハードディスクの交換と内部のオーバーホールを実施、そのあとで耐久テストを実施して現象が再現しないことを確認。このパソコンをネットワークのサーバーにしているとのことなので最優先で作業を実施。一日半の作業で完了しました。
こんなに早く作業していただいたとの感謝をいただきました。料金は作業費8000円とハードディスク代の実費です
感想
デスクトップパソコンは中に埃が入りやすいため時々内部の清掃が必要です。特にCPUのファンがホコリで詰まると発熱してシステムダウンが発生します。それと、メモリーも接触不良を起こします
2017年3月11日
依頼内容
Windows 10のノートパソコンの動作が不安定で動きも遅いため見て欲しいとの依頼です
調査
Windows 7からWindows 10にアップグレードされたLenovoのパソコンでした。一時期、Windows 10への無料アップデートを促す画面が出ていたのでいつもキャンセルしていたら勝手にWindows 10になってしまったとのことです。確かにWindows 10にアップグレードしないかとの執拗な表示が出ていた時期があったけれど、よく見ていれば勝手にアップグレードされた訳ではなかったのです。 お客様に事情を説明すると以前のWindows 7に戻したいと希望されました
結果
Windows 7の領域が消滅していたためWindows 7をクリーンインストールし、ライセンス認証をすませて復旧されたデータを戻すとともに必要な各種ソフト、ドライバーをインストール、Windows updateを最新版まで実施、メール設定を終えて2日で作業完了しました。
料金は作業費8000円です
感想
Windows 10にアップグレードされたものは、Windows 10の状態で買ったものに比べて動作か遅くなったり、Windows updateによって動作が不安定になりやすいようです。Windows 10から元のWindows 8.1やWindows 7に戻せることを知っておくとよいですね
2017年3月13日
依頼内容
プリンターが不調なので買い替えるとのことで訪問しての設定依頼です
調査
キャノンのプリンターが印刷するとなかなか印刷開始せず、かなり時間が経ったころに白紙の状態で出てきます。 お客様がメーカーに問い合わせると保証期間内なので送ってください。修理は2、3週間とのことです。お客様はプリンターを毎日使っているため別のプリンターを買うとのことでどこのメーカーがよいか相談されました。私は即答でエプソンをお願いしました。理由はこの後で説明します
結果
私が推薦したエプソンのWi−Fi付きプリンターが届いてました。お客様はパソコンを3台所有されています。Windows 10のデスクトップ、Windows 7のデスクトップ、Windows 7のノートパソコンです。プリンターをWi-Fi接続し、3台のパソコンにプリンタードライバーをインストールして完了しました
料金は作業費8000円と交通費480円の合計8480円です。ドリンク栄養剤4本をいただきました。
感想
キャノンのプリンターは悪くはありませんがクセがあります。機種についてはお薦めできないものがあります。特にプリンタードライバーのインストール時に一般の人が理解しにくい場面が出てきます。手持ちの無線ルーターによっては非常に困難な目にあいます。
お薦めはエプソンです。とても分かり易く問題なしですね。お薦めできないのはBrother、HPといったところだと思います。Brother製は無線ルーターとの組み合わせによっては通常の方はインストールできず、無線ルーターの買い替えになるか、他のプリンターを買い替えになってしまいます。
2017年6月27日
依頼内容
パソコンの動作が非常に遅いとのことで訪問しての調査依頼です
調査
富士通のノート型パソコンを無線LANで使っていました。電源を入れてようこその画面が出たあとなかなかデスクトップの画面が出ません
待つこと10分くらいしてやっと通常のデスクトップの画面がでました。試しにインターネットを動かしてみると全く無反応。他の操作をしてみると何をやっても次に進まない。試しにしばらく待ってみるとやはり10分近くしてやっと次の画面か表示されます。
CPUの負荷を確認してみると100%の負荷になっています。
。 何に負荷がかかっているか確認した結果Windowsのアップデートが原因。
Windows updateをすべて完了させて正常にもどりました。お客様に普段のパソコンの利用状況を確認したとこる時々しか電源を入れないとのことでした。
普段使わないときも電源を入れてWindows updateが実行できるようにすることをお薦めしました。この症状は富士通製りパソコンによく見受けられます
2017年7月16日
依頼内容
メールの送信、受信ができなくなったとのことで訪問しての調査依頼です
調査
デスクトップのパソコンを有線LANで使っていました。メールソフトはWindows Liveメールです。さっそくメールのテストを開始、メールソフトは起動しますが何の操作もできません。明らかにWindows Liveメールソフトが破損しているようです
修復をかけて動作確認テスト実施、設定と受信済みデータの復旧ができていることを確認して完了です。およそ20分位の作業でした。ついでにパソコンに異常がないかをチゥック、不要なソフトを停止してスピードアップ実施。
Windows Liveメールはときどきこのような障害をおこします
2017年8月4日
依頼内容
パソコン使用中にハングアップするようになったとのことで送付していただいての修理依頼です
調査
大型のデスクトップパソコンです。電源を入れるとしばらく動作していましたが突然ハングアップしてしまいました。
使用年数と汚れの具合から内部の部品接続関係と判断してオーバーホールすることにしました。汚れの掃除とCPUのシリコンの塗り替え、すべての接触部品への薬品塗布を行って電源を投入
ほぼ24時間いろいろな操作をして症状が再現しないことを確認。
デスクトップは外部の汚れを吸ってしまうためホコリに注意して時々は内部の掃除を行うとこのような症状は起こらなくなります
2017年8月13日
依頼内容
Windowsのデスクトップ画面左下のメニューアイコンをクリックしてもメニューが出ない。動作もひどく遅いとの修理依頼です
調査
セパレートのデスクトップパソコンです。訪問するとすでにパソコンを起動して待っていられました
パソコンの症状を見るためタスクバーを右クリックするとマウスポインターがくるくる回って次の画面に進みません。それではインターネットが動作するか確認するためにIEをクリックするとさらに悪循環、IEが起動するまでに10分位かかり、インターネットが接続不可になった
左下のメニューをクリックしても無反応。以上の結果パソコンをリセットすることになりました
感想
Windows 10はこのような破損がよく発生します。マイクロソフトさん安定したソフトの提供をお願いします
2017年11月28日
依頼内容
デスクトップのパソコンの動作が遅く、インターネットにもつながらないとの修理依頼です
調査
さっさく動作確認をしてみると、Windows10ログイン画面が表示されたままほぼ20分位進みません。やっとデスクトップの画面が出てもいつまでも使えないままの状態。CPUの負荷率がほぼ100パーセントの状態でした。
Windows updateの確認とバックグラウンドのソフトがCPUを占有していたためWindows opdateを実施して、さらに不要なバックグラウンドのソフトを停止して復旧しました
このような症状はよくあります。Windows updateは必ず日々実行しておいてくださいね。

Copyright Softfactory All Rights Reserved