連絡先
パソコン修理の案内
トップページ 業務内容 対応地区 故障判断 送付方法 料金表 求人情報 サイトマップ

日本全国を対象しとたUSBメモリーのデータ復旧を行っています。間違って消してしまったり、フォーマットしても復旧できます。その他の症状でもご相談ください。低料金で復旧します

1ギガ以下−3200円

1ギガ以上−5300円

返送料、データDVD一枚の料金込み。消費税不要

USBメモリーはいろいろなメーカーのものがありますが全てに対応しています

復旧対象のUSBメモリーのサンプル写真


低料金の理由は以下のとうりです

理由1
1ギガ以下のUSBメモリーのデータ復旧はわずか5分程度の作業時間で完了します
このような短時間で済む復旧で3200円以上の料金は必要ありません

理由2
1ギガ以上のUSBメモリーは容量が大きくなるにつれて復旧に要する時間は長くなります。64ギガを超えると数時間以上になることもあります。
この数時間の間、この復旧作業にかかりっきりではありません。この間、他の作業を行っています。したがって、容量の大きさによって高額な料金にする必要はありません

理由3
USBメモリーの復旧依頼はほとんどの場合、間違って消したり、突然【フォーマットしますか】といったちょっとしたアクシデントによるもので、このようなことのために4300円やそれ以上の料金を支払って復旧するのは躊躇しますね
返送料、DVD料、封筒、その他におよそ300円を想定しているため実質の料金は4000円位です。

理由4
弊社は利益重視ではなくお客様のお役にたてて喜んでいただけることを重視しています。
そのため、非常に多くのリピータ様がおられます。弊社はパソコン修理も行っていますが、こちらの料金はどんな作業を行っても8000円固定となっており、実に90パーセント以上がリピータ様です


作業は1〜2日で完了させています。依頼は日本全国から入ってきています

全国サポートの表示


当社の最大の特徴は高品質、低料金制です

■ 最高機能の復旧システムを採用
  海外製の高機能復旧システムを症状によって使い分けています
■ 複数のシステムを併用して完全なデータを復旧しています
■ 復旧データの容量に関係なく料金は同一です
  たとえば大容量の128ギガでも料金は変わりません
■ データの種類に関係なく料金は同一です
  静止画、動画、一般データなどに関係なく料金は同一です
■ データを復旧できない場合は料金をいただきません
■ 料金には返送料、データ書き込みDVDの料金も含まれています(1枚分)

データー復旧の業界は一般的にUSBメモリーの容量や復旧するデータの量によって料金が変わります。
例えば料金が○○円〜と表示されていて、大さいメモリー容量になるととても高額になったり、復旧するデータ量が多くなると料金が変わるなどします
弊社はいろいろな状況によって料金が変わることがなく一律に固定料金ですので安心してご依頼いただけます
弊社では復旧されたデータをお返しするDVD1枚分の費用もこの料金に含まれています(復旧されたデータの量が多くて1枚のDVDでは足りない場合、2枚目から1枚につき100円の追加料金をお願いしています)


連絡先の電話番号・住所


データ復旧が必要な症状について

以下にような症状の場合はほぼ復旧できます
■ 誤ってデータなどを消去してしまった
■ 誤ってUSBメモリーをフォーマットしてしまった
■ フォルダーが文字化けして読み取れなくなった
■ フォーマットしますかのメッセージが出て読み取れない

以上はほとんどの場合データを取り出すことができます

USBメモリーが破損した場合
USBメモリーの破損には次のようなものがありまます
■ 復旧ができない論理的な破損
  USBメモリーは壊れていないがデータ復旧できない症状です
■ 折れ、曲がり、割れなどのように物理的な破損
  通常は修理するとデータを復旧できます。
■ 電気的な内部の電子部品の破損
  修理するとデータを復旧できることがあります

USBメモリーが破損した場合は症状によって修理できないことがありますのでご相談ください


ご依頼から復旧、返却までの流れ

手順1 電話で連絡をもらう
USBメモリーの症状をお伺いしますので電話でご連絡ください
手順2 USBメモリー送付
USBメモリーを送っていただきます
手順3 データ復旧
症状によって適切にデータ復旧を行います
手順4 データの返却
復旧されたデータを郵送でお返しします
手順5 支払い方法
お返しされたデータを確認後お支払いとなります

USBメモリーの郵送方法について
USBメモリーを郵送する場合は郵送の途中で破損しないように何らかの保護を行ってください。

プチプチの保護材で包むか、小さいダンボール箱などに入れてください
特に、折れたり変形したUSBメモリーは注意してください

USBメモリーを保護材で包む場合

USBメモリーを保護材で包む場合の図
固い箱に入れる場合

固い箱に入れる場合の図


封筒による郵送の方法
郵便封筒にはご自身の住所を忘れずに書いてください。また、封筒の表に途中での紛失防止のため赤い文字で「コンピューターチップ在中」と書いてください。
120円切手を同封してください。この切手はデータを復旧できなかった場合お預かりしたUSBメモリーをお返しするために使います。データを復旧できた場合切手はお返しします。

郵送方法

封筒による郵送方法の図

USBメモリーの復旧例
USBメモリーのデータ復旧は次のような症例の場合に行います

1.誤ってパソコンから消去した場合
  ほぼ確実にデータを復旧できます
2.誤ってパソコンからフォーマットした場合
  ほぼ確実にデータを復旧できます
3.パソコンにUSBメモリーをセットすると(フォーマットしますか)といったメッセージがでる場合
  高い確率でデータを復旧できますが、復旧できないこともあります
4.パソコンからUSBメモリーが認識されない
  データを復旧できる確率はかなり低くなりますが復旧できることもあります
5.USBメモリーが高温になって認識されない場合
  内部の電子部品が破損しているためデータを復旧することができません
6.USBメモリーの金属端子の部分が傷ついたりはがれてしまった場合
  金属端子の部分を修理してデータを取り出します
7.USBメモリーが折れたり割れたりした物理的な破損の場合
  通常は修理して復旧できますが状況によってはデータを取り出せないことがあります

物理的に破損した場合のデータ復旧
USBメモリーが物理的に割れたり折れたりした場合は破損箇所を修理しますが、USBメモリーの内部の電子部品が破損した場合は状況によって復旧できないことがあります。
この作業は時間がかかりますので大切なデータが入っている場合に限ってお受けしています。また、料金が異なります

物理的な破損の場合---12000円
内部電子部品破損の場合---22000円

内部のメモリーが破損している場合は復旧できません。
内部のメモリー以外の電子部品が破損した場合の修理期間は1週間〜2週間程ですのでお急ぎの場合はお受けできないことがあります

ご自身によるフリーソフトでの復旧
ご自身で復旧ソフトを入手して作業すると症状を悪くして復旧できなくなることがあります。一般的にフリーソフトではデータを復旧できません。完全に復旧できないばかりかさらに悪化させてしまいかねません
データを復旧するには症状によって最適な方法を行います。

弊社からの返却方法
復旧されたデータの量によって以下の方法でお返しします。
○ お預かりしたUSBメモリーのメモリー容量が16ギガ位までの場合はDVDに書き込んでお返しできます
○ お預かりしたUSBメモリーのメモリー容量が16ギガを超える場合は別に保存用のUSBメモリー、または外付けのハードディスクを同封していただきます
保存用にハードディスクを送っていただいた場合は着払いのヤマト宅急便(精密機器扱い)でお返しします

お支払い方法
データの復旧が正常に完了した場合、復旧データと振込先の用紙を同封します。確認が済みましたらお振り込みください

復旧作業の所要日数
物理的、または電気的破損でない場合は1〜2日で完了しています
郵便局が休日の場合は営業日の発送になることがあります。
データ量が少なく、お急ぎの場合は特別な方法で先にお渡しすることもできますのでお申しつけください。

作業完了後のデータ保存
データをお返ししたあと2週間は弊社にてデータを保管していますが、2週間を経過しますと弊社の記録装置から消去します。 データをなくした時などの場合はこの間に連絡いただきますと再発送できます。

受付時間:7:00〜22:00時
営業日:(年末年始以外は無休です)

電話・住所

Copyright Softfactory All Rights Reserved