トヨタ カローラの売却前に、買取査定価格を調べてみる

あなたの愛車「トヨタ カローラ」を売却するなら、その前に買取査定価格を調べてみませんか?


オンラインで簡単に複数社からの査定価格が分かります。

【無料】


査定すると・・・


複数の買取業者からの一括査定なので、トヨタ カローラの査定相場がすぐ分かる

車の買取価格が分かれば、下取りに出す場合でも、有利に交渉できる

査定後、結果に納得出来なければ売却しなくてもちろんOK!

カローラの査定価格を調べる  「無料」一括査定はこちら

トヨタ カローラ(corolla)の売却時に見る買取査定ポイントとは?

トヨタ カローラ(corolla)の売却時に必ず見られる買取査定ポイントは、


◆車種名

◆年式

◆ボディカラー(車体色)

◆排気量(cc)

◆走行距離(何km)

◆ナビの有無

◆修復歴

◆次の車検はいつ


 などが求められます。

トヨタ カローラ(corolla)の買取価格を見る  詳細はこちら

トヨタ カローラ(corolla)の売却・買取査定前に特徴を把握

★トヨタ カローラの特徴は、


・カローラフィールダー :世界的なベストセラーカーであるカローラは、国内では海外とは反対にセダンよりフィールダーのサブネームを持つステーションワゴンの比率が高いのです。 2006/10からの10代目モデルでもセダンのアクシオと同時にワゴンのフィールダーが登場し、燃費の良さはもとより評価を高めております。ボディの基本骨格はアクシオと共通で、手頃な5ナンバーサイズで、外観デザインはユーザーの年齢層がやや若いことを反映して、サイドビューなどがスタイリッシュで若々しいものとされています。


・カローラアクシオ :コンパクトなデザインでありながら、躍動感のある伸び伸びしたエクステリアのほか、インテリアは適度な広さの快適な空間をつくっています。ニューモデルで大きく進化したのは扱いやすさで、アクシオというサブネームの付いたセダン全車に、評価を上げたバックモニターを標準装備したほか、ステリアングにはチルト機構だけでなくテレスコピック機構も備えています。


・カローラルミオン :カローラは2006年にセダンのアクシオとフィールダーを登場させましたが、2007/10には、カローラの名前を冠したカローラ・ルミオンを追加。 2006年に消滅したカローラランクスの穴を埋めるモデルでもあります。カローラユーザーの年齢層が年々高まる中で、新しいユーザーを獲得すべく若いユーザーをターゲットに開発されたクルマです。基本プラットフォームはカローラセダンのものではなく、欧州向けカローラともいえるオーリス用のものを採用し、全幅1,760mmのワイドボディで外観デザインは四角い箱型のものです。


・人気車種・グレードは、カローラフィールダー、カローラアクシオ、カローラルミオン、カローラフィールダーエアロ、カローラルミオンエアロ、カローラランクスなどが挙がっております。

カローラの査定価格は?  詳細はこちら

車を売却するには、無料一括買取査定システムの、「カービュー」がおすすめ!

愛車トヨタ(toyota) カローラ(corolla)を売却する前に、同時に複数社の中古車買取査定を利用してみましょう。カービューの中古車買取査定は、全国の中古車買取ネットワークシステムを利用するので、時間・労力・お金をかけずに、各社の査定比較で最高額が簡単に分かり大変便利です。その後のしつこい勧誘は大丈夫、安心して申し込みできます。

Copyright © 2009 トヨタ カローラの売却前に | corollaの買取査定· All Rights Reserved·