ひとり、燈(ともしび)のもとに文(ふみ)をひろげて、※見ぬ世の人を友とするぞ、こよなう慰むわざなる。(徒然草第13段) ※見ぬ世の人:見知らぬ、遠い昔の代の人。