1.生花店経営
 事業内容 2.生花植物のインターネット販売
3.観葉植物のレンタル事業
  沿革 江戸時代末期に野菜の種を販売する「種屋仲右衛門商店」として創業。
種子から生花の販売へ転化、
「有限会社タネナカ」として昭和42年に登記。
2000年3月 イトーヨーカドー竹ノ塚店改装に伴い移転、新装開店
2003年からインターネット販売を開始。
2004年から観葉植物のレンタル事業を本格的に開始。

2005年2月 三郷店オープン
2007年3月 五反野店オープン
2009年11月 東武練馬店オープン
Copyright (C) 2002-2014
種屋仲右衛門ストーリー
時が流れ、仲右衛門さんも何代目か
分からないほど月日が経った頃、
東京の下町にはどんどん家が建って、
田畑が減ってしまった。
種が売れなくなって困ってしまった
仲右衛門さんは、
お花を売って 何とかしようと思いつきました。
すると、お花がまたよーく売れた。
仲右衛門商店はお花屋さんとして、
お店を続けていくようになりました。

さらに時が流れ、当代の仲右衛門さんは
昨今の不景気で、花もだいぶ売れなくなって
困ってしまいました。
そこで、お花をインターネットで売ったらどうかと思い、お花を売るようになりました、
すると、これまたよーく売れた、
今では長男の 花右衛門
次男の 花の助と三男 花えもん
長女の BelFioreと子宝にも恵まれ、
この4人のお店もとてもかわいがっております。
 
                         つづく
昔々あるところに、
たいそう働き者の若者がおった。
その若者はお百姓さんによい作物を
作ってもらおうと、種屋さんを始めた。

その種屋さんはよい種を売っていると
評判でとても繁盛した。
その若者の名は仲右衛門と言って、
代々この商店を継いだ者を、
種屋仲右衛門と呼ぶようになった。
また、店の名を種屋仲右衛門商店とした。
フラワーギフト お店の紹介 観葉植物販売  
観葉植物レンタル グリーンレンタル