小学生の時に、近所の犬に飛びつかれ、服を咬みちぎられた経験から

「犬とは吠える、飛びつく、咬みつくなど予想外の行動をする怖い動物」だと感じ、

数十年間ずっと、犬を避ける生活をしていました。


そんな私が2001年、野良の子犬との運命的な出会いをし、犬の勉強をスタート。

飼い主の育て方によっては、吠えない、飛びつかない、咬みついたりしない犬に育てられることを知り、

「犬嫌い」だった私が、その子犬を幸せにするために、

我が家に迎えることを決めました。

勉強を進めるうちに、犬の行動には、すべて意味があることがわかり、

犬の心理に興味を持ちました。

共に暮らし始めると、犬の学習能力や判断能力の高さに驚かされる日々、

素敵な関係を築くためにはどうすればいいのかが明確に。


2008年、愛犬とに優良家庭犬認定試験に合格。

同じ年に、犬と人間の良き関係を推進するために、

マスコミ業界で培った経験を活かし、講談社より

『犬の性格診断 タイプ別、育て方のコツがしっかりわかる本』を出版しました。

2011年より、「ペットと飼い主のための心理学」に関する著書を出す

関西学院大学の中島定彦教授(心理学博士)に師事。

学習心理学、比較(動物) 心理学、行動分析学など専門分野の研究を学びました。

2012年、「わが国における犬のしつけ教室の現状-webサイト の内容分析から-」という

研究(共同研究者 中島定彦教授)を「ヒトと動物の関係学会」にて発表。


これを機に「風鈴 犬のこころ研究室」を設立。

大阪にて第一種動物取扱業「訓練」を登録しました。

①研究活動

“犬のこころ”の研究と“犬ヒト”にまつわることを調査・研究し、ヒトと犬との豊かな未来に貢献します。

学習心理学、比較(動物)心理学、行動分析学をベースとした「犬のこころ」の研究と応用により、

愛犬家の皆様が犬のこころを理解するためのお手伝いに努め、

ヒトと犬とが共にハッピーに暮らせる社会づくりを目指す研究室です。

サンケイリビング新聞社「シティリビング」「神戸リビング」の

編集者を経てフリーランスに。

リクルートの「ケイコとマナブ」の編集をはじめ、

企業の販促媒体やWebコンテンツのディレクター、


「婦人画報」などの
女性月刊誌のグルメ・ライターとして活動。

子犬との運命的な出会いにより、「犬のこころ」に開眼。

以降、犬に関連した編集・ライターはもとより、

著作「犬の性格診断」の発表まで活動のフィールドを広げている。

さらにより専門的な見地から「犬のこころ」を探究するため、

関西学院大学中島定彦教授に師事。

学習心理学、比較(動物)心理学、行動分析学を学び、

「ヒトと動物の関係学会」
「日本行動分析学会」において研究発表を行っている。

自ら愛犬と動物介在活動に参加し、社会に貢献できる犬の育成などを研究。

動物愛護の観点から、大阪では里親募集の保護犬の預かりなども行っていた。


現在は千葉に移住し、殺処分が決定していた犬と共に動物介在活動に参加。

愛犬専門学校の講師や、「ワンランク上の犬との生活を目指す」飼い主さんを対象に

犬の行動と心理の講座も行っている。

さらに、2016年から、千葉市の小学校で実施の動物介在教育のブロジェクトに参加。

犬との正しいふれあい方の普及にも努めている
「風鈴 犬のこころ研究室」とは

ノ上ゆき子  Yukiko Yamanoue

About the lab.

設立にあたって

ヒトと動物の関係学会会員

20回大会 ベストポスター賞受賞

●日本行動分析学会会員

●優良家庭犬普及協会会員

JAHA()日本動物病院福祉協会サポート会員

●動物愛護を推進する会会員

代表のプロフィール

③制作活動
犬に関する専門知識と豊富なライター経験を生かした企画・制作を通じ、ヒトと犬との素敵な暮らしに貢献します。

②教育活動
犬のこころ”に対する理解を促進し、ヒトと犬とが共にハッピーな暮らしができるように貢献します。

活動内容