特定非営利活動法人 分水さくらを守る会
トップページ
プロフィール
活動内容の紹介
会員募集

新着情報


     
 
分水さくら公園に十月さくらが咲いています。(9月15日)
 大河津分水さくら公園内の十月さくらが咲いています。今年は、猛暑のせいか少数しか咲いていません。4月にはまた咲く二度咲のさくらです。。


   
 
分水さくら公園・道の駅のひまわり撤去し、コスモスの種まきをしました。(8月21日)
 大河津分水さくら公園内のひまわりも終わり、ひまわりを撤去し、コスモスの種まきを行いました。コスモスの開花は10月の上旬ころと思われます。

             さくら公園ひまわり撤去作業

            さくら公園コスモス種まき作業

             道の駅コスモス種まき作業
   
 
大河津分水河川除草活動(ボランティア・サポート・プログラム)(8月21日)
 本会は、河川管理者と協力し、河川の除草活動を行い、河川に訪れる皆さんの安全性向上と、快適な河川空間を確保して提供することを目的とし、除草ボランティア・サポート・プログラム活動を行いました。

   
 
道の駅国上・大河津分水さくら公園のひまわりが満開になりました。
 道の駅国上及び大河津分水さくら公園のひまわりが満開になりました。毎日暑い日が続いていますが、暑さに負けず頑張りましょう。

           道の駅国上のひまわり畑

        大河津さくら公園内のひまわり
   
 
道の駅国上・大河津分水さくら公園のひまわりが咲き始めました(7月28日)
 今年のひまわりの種まきは、5月16日に行いました。ようやくひまわりが咲き始めました。このまま強風もなく、順調に育ち咲いてくれることを願っています。

                 道の駅のひまわりはまだ咲き始め


        大河津分水さくら公園のひまわり
   
 
理事会で正副理事長を再任しました。(7月1日)
 
新役員就任後の理事会を開催し、正副理事長の互選を行い、満場一致で理事長村上謹一さん・副理事長吉田幸策さんをそれぞれ再任しました。
   
 
東京分水会総会でさくら基金を贈呈していただきました。(6月17日)
 東京分水会の「分水町出身者の集い」が、617日上野・精養軒で103名の大勢の会員の参加で盛大に開催されました。本会からは村上理事長が出席し、「さくら基金」を贈呈していただきました。東京分水会と本会の関係は長く、大勢の会員の皆様から賛助会員としてご支援をいただいており、桜を通じての交流をさせていただいています。


   
 
平成30年通常総会を開催しました(6月1日)
 平成30年通常総会を6月1日燕市分水福祉会館において開催しました。当日は、正会員数164名のうち、委任状を含む112名で開催されました。
 提案された、平成29年度事業報告並びに活動計算書、平成30年度事業計画並びに活動予算、貸借対照表の公告の方法を定める定款の変更、役員の選任について、それぞれ承認・可決されました。役員には次の方々が選任されました。
役員の任期 平成30年7月1日から平成32年6月30日
 顧問  小林清          
 理事  村上謹一(再)  吉田幸策(再)  小林敏夫(再)  板屋一男(再)  小林 寛(再)  田辺次郎(再)
 理事 西片健一郎(再)   山崎嘉男(再) 小林恒男(再)   高橋耕二(新)  丸山吉朗(新) 小田武一(新) 
 監事 遠藤 徹 (再)   藤井秀人(再)        


   
 
大河津分水河川敷除草活動(ボランティア・サポート・プログラム)(5月28日)
 大河津分水に訪れる利用者に快適な河川空間を確保し提供するため、河川管理者と協力して除草ボラ活動を行いました。
 ボランティア・サポート・プログラムとは、住民参加型の河川管理を推進し、より良い河川環境を実現する理念のもと、国土交通省信濃川河川事務所長、燕市長及び当法人との三者協定に基づきボランティア活動を行いました。
 当法人は北陸地方整備局長より河川協力団体として指定されています。

 当日は、VSP活動終了後、大河津分水さくら公園内の桜樹木の周辺の除草を実施しました。


   
 
道の駅国上・大河津分水さくら公園にひまわりの種まきを行いました5月16日
 花の里づくり事業の一環として、毎年実施している「道の駅国上の管理畑」及び「大河津分水さくら公園」にひまわりの種まきを行いました。当日は天候もよく、道の駅の管理畑には、燕市立分水北小学校一年生の18名の児童の皆さんからお手伝いをしていただきました。
 最初にマリーゴールドの苗を植えました。ひまわりの種まきは、児童の皆さんは種一つ一つをていねいに蒔いてくれました。大きく育ち満開に咲いたひまわりを、児童の皆さんと一緒に見ることが今から楽しみです。


 引き続き、さくらを守る役員で大河津分水さくら公園にひまわりの種まきを行いました。


   
 
平成30年通常総会を開催します。
  平成30年通常総会を、下記のとおり開催します。大勢の会員の皆様のご出席をお願いいたします。
 日 時 平成30年6月1日(金)午後6時から
 会 場 燕市上諏訪  燕市分水福祉会館

  ※ 総会終了後懇親会を計画しています。
   
 
大河津分水の桜が満開です。4月12日
 信濃川大河津分水路の桜並木が満開となりました。

             大河津分水さくら並木

          信濃川大河津資料館からの撮影

          大河津橋竣工記念公園のさくら
   
 
JR分水駅のさくらが見頃4月6日
 JR分水駅構内の桜が見頃です。




   
 
林道国上長崎線の山桜が見頃です4月日
 林道国上長崎線に咲いている山桜が見頃です。淡い小さなピンクの花びらがきれいに咲いています。林道は散策コースとして多く皆さんが訪れています。


   
 
JR分水駅構内の桜の手入れを行いました。4月4日
 JR分水駅構内の桜は、樹齢100年を経過したと思われ、100年を超える桜は全国的にも少なく貴重なものです。幹の太さが約3b50aの古木です。
 当日は、JR職員の協力を得て構内の桜の手入れを行いました。
 桜は開花しました。





   

大河津分水の桜も間もなく見頃です4月3日
 信濃川大河津分水路の桜並木もつぼみがふくらみ、風の当たらない場所のさくらは一部開花しました。
 大河津分水さくら公園内では、寒緋桜(カンヒザクラ)が見頃です。


         大河津分水路桜並木が一部開花

        大河津分水さくら公園内の寒緋桜も開花
 
国上山周辺の山野草4月1日
 春の国上山周辺は、カタクリなどが満開となり、山桜も咲き始め、散策しながら花を楽しむ時期となりました。





   
 
分水路堤防の桜並木の保全活動を実施しました3月24日
 桜の開花が待ち遠しい季節となりました。燕市との共催により、信濃川河川事務所大河津出張所からのご支援をいただき、83名の大勢の皆さんのご参加を得て信濃川大河津分水路さくら並木の保全活動を実施しました。
 今回の活動は、大河津資料館から下流のJR鉄橋・野中才堤防入口間、竹ヶ花から石湊間、左岸堤防渡部地内の不要枝木の剪定を行いました。天候に恵まれ、短時間で予定された区間の保全活動を終わることができました。大変ありがとうございました。

 次の企業、団体・個人の方々からご参加いただきました。ボランティア活動ありがとうございました。(順不同・敬称略)
 
パナソニック感コソリューションズ新潟工場・樺元組葛g田建設分水ライオンズクラブ大河津建設梶E丸運建設梶E兜沒c組・栢A瀬・鰹血嚼ン燕市植木造園業組合・砂子塚老人クラブ・牧ケ花花園会佐善第一長寿会・佐善第二長寿会・大川津老人クラブ・燕市役所・一般市民・会員・信濃川河川事務所大河津出張所の方々です。これからもボラ活動に対しまして、格別なご協力をお願いします。


   
 
大河津分水桜並木のてんぐ巣病を除去しました3月14日
 大河津分水路右岸堤防大河津橋から野中才入り口間のてんぐ巣病を除去しました。

   てんぐ巣病除去作業        除去したてんぐ巣病
   
 
創立20周年記念式典を行いました12月2日
 創立20周年記念式典を除幕式に引き続き、燕市分水福祉会館において、大勢のご来賓、会員の皆様からご出席をいただき開催しました。村上理事長から挨拶があり、鈴木燕市長、中山燕市議会議長、田部信濃川河川事務所長、村上東京分水顧問よりご祝辞をいただきました。20年の歩みの報告があり、小林顧問から記念碑建立報告がありました。最後に田部信濃川河川事務所長より記念特別講演をしていただきました。式典終了後、会場を移し記念祝賀会を開催し、それぞれ交流を深めました。記念誌・記念碑の記念事業の実施当たり、格別なご協力、ご支援をいただいた皆様に感謝の意を表します。

               記念式典

     記念特別講演            記念祝賀会
   
 
創立20周年記念碑を建立12月2日
 創立20周年を記念し、信濃川大河津分水公園内に記念碑を建立しました。当日は、12月とは思えない晴天の中で除幕式を行いました。大勢の参加者が見守る中で、渡部菅原神社粕川宮司による清祓いが行われ、田部成幸信濃川河川事務所長・小林恪男東京分水会長・小林清本会顧問・村上謹一理事長の4名で除幕しました。
 記念碑には「感謝と誇りさくら分水」と刻まれています。先人の大河津分水の大事業と桜文化の偉業に感謝し、さくら分水に誇りをもって、今後も歩み続ける思いを込めたものです。碑文揮毫者は、前燕市長の小林清本会顧問です。
石碑は縦約160a(台座を含む)、横約70aで白御影石の本体に黒御影石をはめ込んだものです。

     清祓い式                除幕式

       記念碑台石は南魚沼市三国(さぐり)川ダムから搬送
   
 
大河津分水の夕日11月7日
 信濃川大河津分水の夕日です。16時30分頃

   
 
創立20周年記念式典を行います。
 分水さくらを守る会は、平成9年に任意団体として設立され、今年で創立20周年を迎えました。長きに亘る歩みの中で、今日に至ることができましたのも、ひとえに皆様方の多大なるご支援の賜物と感謝いたします。次のとおり関係事業を行いますので是非ともご出席くださいますようお願いいたします。
事業実施日 12月2日(土)
記念碑除幕式 午後零時30分から大河津分水公園
記念式典 午後2時から燕市分水福祉会館
特別講演 「大河津分水路改修事業について」
        信濃川河川事務所長 田部成幸 様
祝賀会 講演会終了後 燕市長辰「弥六」
記念碑建立 先人の桜文化の偉業に感謝し、桜分水に誇りをもって今後も歩み
     続けるため20周年記念碑を建立します。
記念誌の発行 信濃川大河津分水に関する出来事や関連する桜に関する歴史年
     表を発行します。

   

道の駅周辺の紅葉10月28日
 道の駅五重の塔遊歩道から、こもれび広場を経由して林道に出るコースの紅葉が色づきました。見頃はこれからです。


大勢のご参加を得て大河津分水路石碑等めぐりを実施
 当法人の20周年記念事業の一環として、燕市と共催、北陸地方整備局信濃川河川事務所の後援で、大河津分水路の可動堰などの構造物や記念碑・石碑めぐりを実施しました。当日は、秋晴れの中で大勢の皆様のご参加をいただき、参加者からは地元に住んでいても実際には知らないことが多くあり、大変勉強になったとの声もありました。(参加者46名)


大河津分水さくら公園のコスモスが咲いています。(10月11日)
 大河津分水さくら公園にコスモスが咲き始めました。このコスモスは、8月21日に種を蒔いたものです。
 公園内の冬さくらも一部咲いています。




            公園内の冬さくら

信濃川大河津分水路石碑・記念碑等めぐりを行います。
 当法人は、平成9年に任意団体として設立し、皆さんと共に今年で創立20周年を迎えました。このことから創立20周年事業として、大河津分水路の可動堰などの構造物や記念碑・石碑めぐりを実施します。石碑めぐりを通じて、人々の命と暮らしを守るため、多くの人々の願いと努力によってつくられた「大河津分水」が、今も洪水から越後平野を守り続けていいます。石碑等をめぐることで、大河津分水路の必要性や改築等の歴史を学ぶことができる機会とするものです。石碑などの歴史をめぐるコースを歩いてみませんか。
◆日  時 10月14日(土) 午前9時30分集合
◆集合場所 大河津分水さくら公園
◆ガイド  潟Gコロジーサイエンス 樋口 勲 主査研究員
 雨天の場合は、信濃川大河津資料館で講演会を行います。会場へ送迎しますので、大河津分水さくら公園に集合してください。
 10月10日まで、次より申し込みください。
 Eメール bunsui.sakura@ad.wakwak.com
 主催 特定非営利活動法人 分水さくらを守る会
 共催 燕市
 後援 国土交通省北陸地方整備局信濃川河川事務所

右から信濃川補修工事竣工記念碑・大河津分水工事殉職之碑・信濃川治水紀功碑・桜の碑